あたーにーあっとろーとは?

  • Winny制作者金子勇氏
    こと博士の素顔があまりにも面白いので、弁護人である私の目から、事件を振り返ってつれづれなるままに書きつづってみる、壇弁護士の事務室のスピンアウトブログです。

« あのとき男の子はみんなプログラマだった。 | トップページ | とにもかくにも »

2006年9月18日 (月)

あの一言が全ての始まりであった。

「正犯を弁護する気はないけど、もし、開発者が逮捕されたら全力でやりますよ。」

何を食べていたかはもう覚えていないが、IT法の勉強会のあとの食事の際にふと漏らした弁護宣言が、長く続く弁護活動の始まりだったのである。

この発言が私が弁護の意欲を示しているかと言えば実はそうではない。

アメリカでは、Winnyと同じようなサーバを用いない純粋型 P2Pのファイル共有ソフトについて、2003年4月にアメリカ連邦地方裁判所が責任を否定する判決を下していたのである。

当時は、ファイルローグ中間判決を始め、当時、ファイル共有ソフトと著作権の問題について、日本でも民事の判決が出てきていたころであった。

日本の裁判所はこの手の事案については、アメリカの判決を参考にすることが多い。

というわけで、純粋型P2Pであれば責任を負わないであろうという風潮があった。

まして、民事事件であればともかく、刑事事件となることはありえないと思っていた。

というわけで、私は、逮捕はありえんだろうという予測の元に大口叩いていただけなのである。

私は、Winnyというファイル共有ソフトがあることは、某事件の関係で知っていた。

プロキシ機能を備えたファイル共有ソフトという説明を聞いていた。

クラスタ化も自動ダウンロードもこれからのスタンダードになるだろうと思っていた。

要するに、私としては、Winnyはコロンブスの卵みたいなソフトだと理解していた。

また、当時、DRMを付けてたデジタルコンテンツを、ファイル共有ソフトで流通させるビジネス化への新しい試みが始まりつつあった。

私は、それを見て、

「日本もまだまだ捨てたもんじゃないな。」

なんて評論家みたいな気楽なことを言っていたのである。

 

そんな甘い気持ちは2004年5月10日にぶっ飛んでしまった。

当時、私は、サイバー法の勉強会のメンバーと本の執筆を終えたところであった。

ゴールデンウィークを返上して執筆して、あとはゲラ稿をチェックして索引をつけて完成のはずだった(ちなみに、それから進んでいない。この場を借りて改めてお詫びします。)。そして、5月17日にはyahooBB!個人情報漏洩事件の訴状を提出して、休日返上生活から解放されたら遅ればせながらのお休みをもらおうなんて考えていた。

そんなところに、博士が逮捕されたというニュースが飛び込んできたのである。

すかさず、知り合いの弁護士から連絡があった。

「壇君、開発者が捕まったら弁護するって言ってたよね。」

そうだった…。サイバー法の世界は狭いのを忘れていた。

大阪でサイバー法を志す人は大抵が顔見知りである。そんなところで弁護宣言をしたらどうなるか予想すべきであった。

と言うわけで、引っ込みもつかないまま、一日3時間睡眠の捜査弁護に突入していったのである。

こうやって、始まった事件であるが、今では大変な目にあったと思うのが半分、やりがいのある事件に出会えて感謝の思いが半分である。

博士は、

「ある意味、今回の件は、警察に捕まったらどうなるかという実験ですね。おかげで法律の専門家の人とかビジネスのプロとかに出会えたし。」

と曰われた。

そんな危険な実験は、勘弁してほしい…。

« あのとき男の子はみんなプログラマだった。 | トップページ | とにもかくにも »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46914/11945606

この記事へのトラックバック一覧です: あの一言が全ての始まりであった。:

« あのとき男の子はみんなプログラマだった。 | トップページ | とにもかくにも »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31