あたーにーあっとろーとは?

  • Winny制作者金子勇氏
    こと博士の素顔があまりにも面白いので、弁護人である私の目から、事件を振り返ってつれづれなるままに書きつづってみる、壇弁護士の事務室のスピンアウトブログです。

« 博士の一分 | トップページ | 一夜あけて »

2008年2月10日 (日)

支援金口座

時期は先後するが。

天才プログラマ

の新井俊一氏から電話があったのは、5月11日の事だった。

新井氏は、これまで弁護士に電話をしたことがなかったのであろうか、自分と博士とのつながりについて、IPAの未踏ソフトウェア時代から順番に話しを始めた。

あまりに遠回りな話に少しイライラした私が、

「弁護人です。間違いない」

と話をすると、ホッとしたように、ようやく本論に入ってくれた。

2ちゃんねるでは、47氏の弁護費用を寄付するスレッドが開設されていて、そこで寄付口座を作ることになり、新井氏が寄付金の口座を開設したが、寄付する人が安心して寄付できるように、弁護団の弁護士の名前で口座を開設して欲しいということであった。

博士は、2ちゃんねるでは、

「47氏」

と呼ばれていたらしい。

2ちゃんねるでは、最初に書き込みをした番号をペンネームのように使うことが習慣として行われていて、Winnyの開発を宣言したのが47番目の書き込みなので、博士は47氏なのである。

ただ、私は、47氏は四十七士と勘違いして、忠臣蔵よろしく博士に切腹させたがる輩を誘発するのであんまり気に入っていない。

 

私は、そのとき、シャチハタ男になっていた博士の対策で頭を悩ましていたので、それどころでは無かった。

しかし、来るべき保釈申請時に問題になるのは保釈金である。

そのためには少しでも保釈金を用意する必要がある。

ようやく口座を開設するに至ったのは平成16年5月13日のことである。

とにもかくにも、口座を作った以上報告をしなくてはならない。

私は5月14日に銀行に記帳に行ってみた。

「ウィーン、ウィーン、ウィーン、ウィーン」

通帳はATMからいつまでたっても出てこない。もしかして、ATMを壊してしまったかもしれないと焦り始めたころ、ようやく記帳が終わった。

結局、5月14日の1日だけで、105名から合計123万円の支援金が振り込まれていたのである。

振込名義も

「カネコオウエン」

「47シガンバレ」

等の励ましの文言が多かった。

「博士の無罪は本当に多くの人の願いなんだ。」

私は、これを見てようやく、私が弁護しなくてはならないものの大切さを理解した。

他にも、2ちゃんねる発で、金子氏支援のためにTシャツを販売して収益を寄付してもらえるという活動もあった。これにも頭が下がる思いである。

 

私は、これまで、2ちゃんねるというものに対して偏見を持っていた。

正直なところ、2ちゃんねるの利用者は烏合の衆だと思っていたし、そこまでの義侠心があるとは思っていなかった。

しかし、マスコミが司法記者クラブという枠の中にとらわれ警察発表の記載に終始している状況で、2ちゃんねるは自ら意見を述べ、活動する場としても使われているのである。

彼らは2ちゃんねらーという異次元の世界の人ではなく、この社会のどこかにいる生身の人間なのである。

そのときそう感じた。

結局支援金は、1ヶ月弱の間で合計1600万円にものぼった。

私は、保釈申請の際の裁判官との面談時には、裁判官に対して

「逃亡の恐れというのであれば、すぐにでも、1年間、京都のホテルをかりるてくることも出来る。彼は逃げる必要などない!」

なんて強気の発言をしていたのであるが、それは皆さんの支援のおかげだったりする。

私は、事件が大変なときはいつも、10冊の通帳を手にとって眺める。そうやって、多くの人から励ましを受けているのである。

この事件の本当の依頼者は彼らなのかもしれない。

ちなみに、博士と2ちゃんねるは、またの機会に。

« 博士の一分 | トップページ | 一夜あけて »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46914/40070198

この記事へのトラックバック一覧です: 支援金口座:

« 博士の一分 | トップページ | 一夜あけて »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31