あたーにーあっとろーとは?

  • Winny制作者金子勇氏
    こと博士の素顔があまりにも面白いので、弁護人である私の目から、事件を振り返ってつれづれなるままに書きつづってみる、壇弁護士の事務室のスピンアウトブログです。

« 博士とメカ | トップページ | ブログとメディアと »

2009年10月 6日 (火)

戦略のお時間

博士の保釈が決まってから、私は、再度訴訟戦略を検討することになった。

いろんな人から意見を聞いてみた。たしかにいろんなアイデアはあった。

しかし、

団長の意見を含め、妥当なプランはほぼ皆無であった。

実現不可能な案をいくら考えても意味がない。

現在のリソースで実現可能な戦略を打ち立てないといけない。

また、2ちゃんねるに、弁護理論についてのスレッドがあるということでメールをくれた人もいた。しかし、あまり参考にならなかった。

当たり前である。

前代未聞の事件だからこそ、自分で道をきりひらかなければならないのである。

 

私は、覚悟を決めた。

 

検察官は、これまでの報道から見て、技術、開発意図を戦場に設定してくることを予想していた。

証拠の開示も無い時期ではどんな立証をしてくるかわからない。起訴状を見ても正直何を問題視しているのかわからない状況であった。

技術については、世間では匿名性が問題としたり顔で述べるITコンサルタントなんてのがいたりするが、そんな証言があるのだろうかとか、それともスーパー技術者なんて連れてきてWinnyの解析なんて語るのだろうか。

意図については、2ちゃんねるで著作権侵害を奨励したと報道されていたりして、そんな書き込みをしたのかなんて、私に問いあわせてくるマスコミがいたりした。

しかし、私は開発スレッドのすべてを確認していない。

すくなくとも当時「著作権侵害をしろ」なんて書き込みはなかった。

検察官は何をもって意図を立証するのであろうか。

 

ただ、検察官の積極立証をつぶしたとしても、

「幇助とはなにか?」

という問題が残る。幇助というのは、これまであまり議論されていなかった分野である。何をもって幇助かなんて考えたこともない。裁判所が、「ちょっとでも関係していればなんでもかんでも幇助」なんて言えば、本件はデッドエンドである。その不合理性を大前提として打ち出さないといけない。

とりあえず、ファイル共有や幇助に関する、日本や海外の判例や学説の調査を積極的に始めていくことにした。

 

ただ、どんな戦略をとっても戦術を遂行することができなければ負ける。法廷での戦闘力が必要である。

そんなとき、刑事弁護で知る人ぞ知る秋田弁護士が弁護団に加入してくれることになった。

本物の刑事弁護のノウハウは、なんちゃって刑事弁護人程度の私にとって非常に貴重であった。

原審で検察官の主張が退けられたのは主任の功績だったりする。

 

そして、弁護団にはもう一つ重要なマスコミ対策という戦略が必要であった。

正直なところ、

司法記者クラブはお巡りさんべったりである。

発言の一部だけを抜き出して一方的な記事を記載されるのは勘弁である。そこで、私は、IT雑誌の取材に絞ることにした。(もちろん、「悪用厳禁」なんて言っていた一部の雑誌は受けてないが)

効果はかなりあった。

当たり前のことを説明する必要がない。

それらの雑誌が表にでることで、一般誌がちゃんとした取材をするようにもなった。

そうやって、9月の初公判に準備を進めていった。

そして、初公判の直前の打ち合わせの後、私は、博士に言った。

私は、自分の人生のうち5年を金子さんのために使う。

金子さんは、残りの人生を、これから日本で生まれてくる技術者の為に使って欲しい。

博士の答えは

ハイ。今までもそうでしたし。

であった。

« 博士とメカ | トップページ | ブログとメディアと »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46914/46412033

この記事へのトラックバック一覧です: 戦略のお時間:

« 博士とメカ | トップページ | ブログとメディアと »

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31