あたーにーあっとろーとは?

  • Winny制作者金子勇氏
    こと博士の素顔があまりにも面白いので、弁護人である私の目から、事件を振り返ってつれづれなるままに書きつづってみる、壇弁護士の事務室のスピンアウトブログです。

« ミスターインターネット | トップページ | 君は星の虹を見たか »

2014年7月10日 (木)

カプセルマン第1話「カプセルマンあらわる」

Winnyが動くところを見たい。

そう裁判所が言いだしたのは、お巡りさんの尋問が始まって間もない時期であった。

裁判所は、Winnyの機能を見たい、裁判所でインターネットに繋ぐと問題があるので、第三者のところで検証を実施したいと言いだしたのである。

弁護団は、操作方法よりも、まず客観的な機能を裁判所が理解するべきだと主張した。機能を理解せずにWinnyで遊んでも意味が無い。そもそも、検察は、Winnyの何が問題なのかを全く明らかにしていないし、裁判所でつなぐと問題があるようなことを裁判所が検証でやろうという感覚が全く理解できないのである。

しかし、相手は京都地裁である。弁護側の意見など聞く耳を持たない。逆に、事前に検証を公にすると妨害されるかも知れない等と言って弁護側に箝口令を敷いてくる始末である。

弁護側は、せめてやるならということで、初期ノードはまっさらな状態で設定するように主張した。なぜなら、検察側に好きにやらせると、裁判官に偏見を植え付けようと違法動画等でクラスタリングしたノードを用意する可能性があったからである。

そんなこんなで、平成17年2月25日に、お世辞にも公平な第三者とは言い難いJASRACで検証が実施されることとなった。

どうもコピーライトギルドの方々は、博士を犯罪者にするために、手段選ばずの様子である。

検証は、検察側がパソコンを操作をすることになっていた。当日現れたのは、もちろんK警部補である。

K警部補は、結構な厚さの検証実施手順書をパソコンに置いて、検証を始めた。
実施手順はあらかじめ明らかにするとか言いながら、検証実施手順書は弁護側に開示されていない。裁判所は、それを見て何も言わない。

私は、異義を述べようとして止めた。おそらく、弁護側抜きで協議をしてたんだろう。ここはアウェイゲームである何を言っても無駄である。

それもJASRACとK警部補とは皮肉な眺めである。K警部補は、ディスクをフォーマットするところから、ネットで初期ノードを取得して動作させるまで淡々と進めた。ただ、Winnyを動作させる際に、動作の説明をするふりをして、自動ダウンロードの設定をするところが彼らしい。彼は「マンガ」のキーワードを入力していた。

彼は、Winnyの操作方法の説明をして、自動ダウンロード機能の説明に入った。自動ダウンロードのキーワード入力のときである。

「例えば、無修正」

こいつは、検証にかこつけて裁判官に偏見を与えるつもりだ。

何も無いわけがないとは思っていたが予想どおりのKクオリティ。

「それはまずいんじゃないですか」
「そうですか?」

Kは、しらっと答える。

「まずいという理由は?」

裁判所も聞いてくる。

「裁判所の検証ですよ。動作を確認するのにそんな下品な名前のファイルをダウンロードする必要ないでしょ」

そもそも、Winnyの動作を確認するのが目的と言っていたはずだ。さすがに、無茶だと思ったのだろうか、別のキーワードで試行することになり、裁判所による無修正画像ダウンロード大会は阻止できた。

Kは、その後何事もなかったように、無視機能やBBS機能の説明を一通りした。
そして、では最後に、どんなファイルがダウンロードされているか確認しましょうと言いだした。やはり、彼の目的はここにあったようである。

しかし、こちらも、自動ダウンロードのキーワードで指摘した立場上、ダウンロードしたファイルを問題あるから見るなというのは不自然である。私は、覚悟を決めて事態を見守ることにした。

Kはダウンロードしたフォルダをクリックした。
すると、そこには、

【合法】というファイル名が付いたファイルが、ずらーーっと並んでいた。
というより、「カプセルマン」という表題の素人っぽいマンガがたくさん並んでいた。

Winnyは、個人の表現の場でもあったのである。

Capsulman

なぜ、そんなのが並んだのかは未だに解らない。博士の危機にカプセルマンが駆けつけたということにしておこう。

弁護側には笑いが止まらないカプセルマンは、検察側にとっては笑えない存在のようである。裁判所に偏見を植え付けようするK警部補からは明らかに焦りの色が感じられた。

Kは、「たとえば」「たとえば」とくり返していた。たまたま著作権侵害っぽいファイルが見つかった風に表示したいようである。ようやく、成人コミックを1つ表示したが、その次がない。

というより、Kの態度は、誰が見ても「たとえば」じゃない。

Kは、【合法】なファイル名ばかりに困惑したのであろう。フォルダをサムネイル表示にして、著作権侵害っぽいものを探しだした。しかし、そこは画面一面の「カプセルマン」である。

今回はノードの偏りで【合法】ばっかり?そんな言い訳が出来るわけ無い。初期ノードの設定をしたのは彼である。弁護側にはどのサイトから取得するのかすら明かされていない。結局、Kは、何もクリックせずに説明を終わってしまった。

私は、そんなKの背後から、
「【合法】ファイルばっかりですねぇ」
と言った。検証の様子を撮影しているビデオカメラのマイクに入るくらいのすこし大きな声で。

数年後、私は、この事件の講演に関してカプセルマンを探してみた。しかし、カプセルマンを見つけることは出来なかった。カプセルマンは遠い星に帰ってしまったようである。

その日の検証は、その後すこしの質疑応答で終わった。

検証を終えてビルを出たとき、冷たい風が心地よかった。

私は、深呼吸してつぶやいた。
「ありがとう!カプセルマン」

« ミスターインターネット | トップページ | 君は星の虹を見たか »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46914/59959162

この記事へのトラックバック一覧です: カプセルマン第1話「カプセルマンあらわる」:

« ミスターインターネット | トップページ | 君は星の虹を見たか »

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31