あたーにーあっとろーとは?

  • Winny制作者金子勇氏
    こと博士の素顔があまりにも面白いので、弁護人である私の目から、事件を振り返ってつれづれなるままに書きつづってみる、壇弁護士の事務室のスピンアウトブログです。

« 君は星の虹を見たか | トップページ | Winnyの技術 »

2014年8月26日 (火)

人生のサイドスリップ

博士とは、常に裁判の話をしていたわけではない。

むしろそれ以外の話の方が多かった。

二人のときは、機械の話が多かったような気がする。

博士は、私の話の中では、大阪の町工場の話が好きだったようである。私の鏡面研磨への愛を延々と聞かされて我慢できるのは、スティーブ・ジョブズと博士くらいなものであろう。

戦闘機は、二人の定番の話題であった。

私は、小学生のころから、√も解らずに画用紙に線を引いて紙飛行機を作っては飛ばしていた。もちろんA10サンダーボルトはグレッグである。宮崎駿の映画に対して、「そんな飛行機飛ぶわけないやろ」とテーマを取り違えているのも私である。

博士は、フライトシミュレーターを自作する程に戦闘機が大好きである。
アメリカの戦闘機はFがつけられることが多いが、USAFに決定されるずっと前から、次はF35と予想してフライトシミュレータに採用して当たったというのが、博士のご自慢であった。

博士は航空機も好きである。
航空機に乗る際には、失速するくらいのバンクで旋回して欲しいと願っているそうである。

飛行機で死んだら本望!

博士はときどき言っていた。

私はひこうき雲を見ると思い出す。

だったら、もうちょっと長生きしなきゃ駄目だったね。

« 君は星の虹を見たか | トップページ | Winnyの技術 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46914/60212849

この記事へのトラックバック一覧です: 人生のサイドスリップ:

« 君は星の虹を見たか | トップページ | Winnyの技術 »

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31