あたーにーあっとろーとは?

  • Winny制作者金子勇氏
    こと博士の素顔があまりにも面白いので、弁護人である私の目から、事件を振り返ってつれづれなるままに書きつづってみる、壇弁護士の事務室のスピンアウトブログです。

« Winnyの技術 | トップページ | 博士の衣装 »

2015年5月14日 (木)

主質問

被告人質問というと、証人尋問と混同されがちであるが、刑事訴訟法的には別の制度である。

刑事訴訟法上は、被告人が任意に供述をする場合には、何時でも必要とする事項につき被告人の供述を求めることができるとされている(刑事訴訟法311条2項)。

しかし、実際の裁判で供述拒否して無罪というのは考えにくいので、被告人質問は必須である。

この被告人質問であるが、これまた一般の方は、「事実をそのまま喋ればいいんだから楽じゃないか??」と思いがちであるがそんなことはない。

ただでさえ緊張する法廷で、有罪のプレッシャーの下で、聞かれたことを理解して的確に答えれる奴はいないのである。

しかも、博士は、常人より遙かに単語のセレクションが下手である。

Winnyの配布ページでも

「最近は裏で暗躍していて(最近は目立たない形で活躍しているの意らしい)」

なんてことを書いてたりする。

そんな博士を、なんの準備も無しに喋らせたら、誤解を与える単語連発は必須で、下手したらオウンゴールで試合終了ある。

というわけで、被告人質問の練習というか、質問しては、社会人として常識的な言い方を教えるということをくり返し行った。ほとんどサリバン先生のウォーターの世界である。

そして、本番。主質問の会誌である。

始まってすぐに異変が発生した。

博士の回答が質問に対応していないのである。

というまでもなく、理由はすぐに分かった。
博士は、法廷で、緊張のあまり、私が質問したことではなく、私が次に聞こうと予定している質問に答えていたのである。

博士が、そこまで緊張していたというのは、ある意味驚きである。

もっとも、それはそんなにピンチではない。フリーズしたパソコンよろしく再起動である。

落ち着いた博士は、ようやく聞かれたことについて語り始めた。

Winnyが著作権侵害ツールではないことを。

その後特許取得した、P2Pネットワークにおけるコンテンツ管理システムの構想を。

博士が、Winnyで違法なやり取りをしないように呼びかけていたことを。

Winnyを悪用した情報漏えい問題に対して対応できないことへの忸怩たる思いを。

京都府警が、博士の現行犯逮捕をもくろんで、博士の自宅に捜索に入り、博士のPCでWinnyをつかって2時間アップロード実験を試みたが、ダウンロード専用Winnyであったので失敗に終わったことを。

それでも、博士の立件をあきらめきれないK警部補が、博士がWinnyの開発をしないという誓約書を書いて良いと言ったのを利用して、著作権侵害蔓延目的である旨書いた作文を博士に書き写させていたことを。

取調で、K警部補や検察が、博士を恫喝して、罪を認めさせようとしていたことを。

それらは、当時世間で誤解され、未だ誤解されている、報道されなかったWinny事件の真実であった。

そして、検察官の反対尋問を迎えた。

« Winnyの技術 | トップページ | 博士の衣装 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46914/61585858

この記事へのトラックバック一覧です: 主質問:

« Winnyの技術 | トップページ | 博士の衣装 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31