あたーにーあっとろーとは?

  • Winny制作者金子勇氏
    こと博士の素顔があまりにも面白いので、弁護人である私の目から、事件を振り返ってつれづれなるままに書きつづってみる、壇弁護士の事務室のスピンアウトブログです。

« 博士と私のゲン担ぎ | トップページ | アピール・アピール・アピール »

2015年7月12日 (日)

地裁判決

地裁判決は、2006年12月13日午前10時に京都地裁であった。

当日、多くの人が傍聴券を求めて並んでいた。

刑事判決は最初の一言で有罪か無罪かわかる。「被告人は」となると無罪で「被告人を」となると有罪なのである。

その日の氷室裁判長は「被告人を」であった。

被告人を罰金150万円に処する。

傍聴席がざわついた。司法記者クラブの記者が判決結果を伝えるために席を立って慌ただしく立ち去っていった。

裁判長は、主文に続いて、判決の理由を述べ始めた。

つまらない内容であった。

ただ、被告人の主観的態様の項になったとき、裁判長は、

「被告人が著作物の違法コピーをインターネット上にまん延させようと積極的に意図していたとする部分については,その供述に信用性は認められない。」

と言った。

これは、検察官が有罪の中核に据えていた事実を裁判所が否定したことを意味する。

それではなぜ有罪なのか?それは、弁護人も検察も主張していない基準と事実認定によるものであった。

これではまったくのチートである。

「だったら無罪だろうが!」

私は、立ち上がって怒鳴りそうになったが、そんなことで有罪判決は覆らない。

弁護人と目も合わそうとしない裁判官たちは、判決が終わると足早に退廷していった。

判決終了後、私は、記者会見に出席した。

例のNHKの記者が前面に座って、判決は、被告人が著作権ビジネスを変えようとしたと認定したとデタラメなことを言いだしたので、「出ていけ!」と怒鳴った。

例のお手紙を知らない人は、どうして私がこの記者に怒っているのか分からなかったと思う。

その後、いろいろあった。やけ酒を飲んで自宅に辿りついたのは深夜であった。

深夜テレビをぼーっと眺めていると、画面が滲んできた。。。

 

判決は、いろいろな反響を生んだようである。

判決に憤ってくれる人もいた。

落胆してる私を心配してくれる人には、救われる思いがした。

だが、新聞は、一部を除き、概ね有罪支持であった。

日経新聞の社説は、情報漏えいが起こったので、有罪は妥当であるというものであった。

関係ねぇだろ(゚Д゚)ゴルァ!。

2ちゃんねるでは、後に、「誰でも無罪とれる事件を有罪にしたヘボ弁護士」とディスられている書き込みを見つけた。

ダッタラオマエガヤレヤ(゚Д゚)ゴルァ!。

ただ、そんなものよりも堪えたのは、

弁護団長の

「壇くんのせいで負けた」

という背中から刺してくるような一言であった。

しかし、何も言い返すことはできなかった。

博士が問題だったのか。

いや、違う。

じゃあ、裁判所か。

いや、裁判所が不公平だなんてずっと前から分かってたことである。

弁護戦術の立案及び実行は?

私の担当である。

結局

力不足

認めざるを得ない事実であった。

技術者を守りたくて法曹を目指したのではないのか。技術者が理不尽な有罪判決くらって、なにもできなくて、今後、己は何を誇るつもりなのか。

もはや博士の問題ですらなくなっていた。

「この事件は私の事件ですから」

そのころから、私は口にするようになっていた。

« 博士と私のゲン担ぎ | トップページ | アピール・アピール・アピール »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46914/61878707

この記事へのトラックバック一覧です: 地裁判決:

« 博士と私のゲン担ぎ | トップページ | アピール・アピール・アピール »

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31