あたーにーあっとろーとは?

  • Winny制作者金子勇氏
    こと博士の素顔があまりにも面白いので、弁護人である私の目から、事件を振り返ってつれづれなるままに書きつづってみる、壇弁護士の事務室のスピンアウトブログです。

« アピール・アピール・アピール | トップページ | カプセルマン第2話「カプセルマンあらわれず」 »

2015年8月30日 (日)

死に至る病

この事件が始まってから、博士がプログラムを公開するときは、必ず弁護人のチェックを受けるという約束をしていた。

しかし、思いつきでプログラムをつくっては、ユーザーのリアクションを見て改良していく博士の創作スタイル的には、創作意欲を削ぎまくりだったようである。

博士は、有罪判決よりも、弁護人チェックが続くことが辛かったようである。

ある日、博士は、私に言った。

弁護士さんというのは、私が自由にプログラムできるようにするのが仕事じゃないんですか。
壇さんは、反対に、私がプログラムできないようにできないようにしている。
プログラムできないんだったら、死んでるのと一緒!

そのとき、私は、
申し訳ない。
とだけしか言えなかった。

« アピール・アピール・アピール | トップページ | カプセルマン第2話「カプセルマンあらわれず」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46914/62185682

この記事へのトラックバック一覧です: 死に至る病:

« アピール・アピール・アピール | トップページ | カプセルマン第2話「カプセルマンあらわれず」 »

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31