あたーにーあっとろーとは?

  • Winny制作者金子勇氏
    こと博士の素顔があまりにも面白いので、弁護人である私の目から、事件を振り返ってつれづれなるままに書きつづってみる、壇弁護士の事務室のスピンアウトブログです。

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月21日 (土)

伝説が終わり、歴史が始まる。

2009年10月21日

検察が上告したニュースが入ってきた。

ちょうど、高裁判決の前に公開した記事がニュースになって、デスクが謝罪に来たりで慌ただしい状況が一段落ついたころであった。

予想していたことであったので、特に感想はなかった。

私は、ブログに書いた。

最後の闘いが始まった。

恐れも焦りもない。

私は、もう一度全てを懸けて戦い、もう一度無罪を勝ち取る。

それだけである。

 

ただ、彼がプログラマとして輝ける時間を、さらに無駄にすることだけが残念である…

 

勝負は、己の慢心で足下をすくわれるか否かだけであった。

検察から全文116ページの上告趣意書が提出されたのは、2010年3月23日である。

検察は、上告趣意書で、誰か1人でも悪いことをするかもしれないと認識していれば幇助犯が成立するという主張を始めた。

検察官が幇助の理論を明らかにしたのは、実は、これが初めてである。

これまでとは違うボリュームと、恥も外聞も無い主張に、なにがなんでも博士を罪に陥れようという組織のメンツと狂気を感じた。

負けてはいられない。

弁護側は、検察の上告理由に反論するべく、2010年6月30日に100ページを超える答弁書を出した。

それから、1年半の間、最高裁からはなんの音沙汰もなかった。

その間、時代はmixiからtwitterやFaceBookへと移行していた。

そして、

 

2011年12月20日の午後

東京行きの新幹線の中で、パソコンを開いたところ、ツイッターにWinny事件上告棄却のツイートが飛び込んできた。

私におめでとうというツイートもあった。

しかし。。。。。

なんで、私がしらんのじゃい!

 

中には、私が何もツイートしないことを不審がるツイートもあった。

でも、そんなことを私に言われても困る。。。

思わず、FaceBookに「探さないでください」と書いた。

すぐに「無理でしょう」というコメントが来た。

やっぱり?

 

そのころ、司法記者クラブから、記者会見を開いて欲しいという連絡があった。

め、めんどくさい。

しかし、この事件の最後に無罪を知らない人に無罪を知ってもらい、博士の名誉を幾ばくでも回復することは重要である。

博士に予定を確認したところ都合がつくということだったので、急遽、午後9時から東京で記者会見することにした。

マスコミ用の弁護団声明文や博士のコメントを用意し、記者クラブや会社の広報担当と電話連絡し…新幹線の中ではほとんど立ちっぱなしであった。

指定席の意味ねぇ。。。。

 

結局、午後9時前、司法記者クラブの前に集合したのは、博士、会社の広報担当、私、そして、たまたま東京にいて一杯引っかけてたほろ酔いの団長であった。

博士は相変わらず言葉のセレクションが下手なので、記者会見前の打ち合わせにどれだけ時間を取れるかが重要である。

控え室で、うち合わせを始めようとする、慌ただしい状況を無視して、団長がなぜか連れてきた女性と記念撮影をしようとしだす。

団長の意味ねぇ。。。。


遊びに来たのなら出ていけ!

私の怒鳴り声が記者会見会場となりの控え室で響く。
 

それでも記者会見は無罪確定でニコニコである。
記者会見は、テレビやニコ生で放送された。

インターネットウォッチ

ニコ生

博士は、髪ぼさぼさで、栃木なまり全開である。

結局、超フリーダムな記者会見になった。

結局、個別取材を終えたのは日付も変わろうとするときであった。 

そうして、Winny事件は終わった。

 

後日、弁護団で祝勝会を開いた。

普段、お酒を飲まない博士も、少しだけワインを飲んで、顔がまっかっかであった。

http://danblog.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2012/01/09/syukusyoukai.jpg

まさに勝利の美酒であった。

 

最高裁決定の内容を確認したのは、記者会見から暫くたってからである。

無罪になったのは、例外的で無い程度の著作権侵害について故意がないという多数意見の理由である。

一般的にはクビをかしげそうな理論ではある。しかし、最高裁も博士のような人物を有罪にしてはいけないと思う程には常識的だったのであろう。有罪の反対意見を書いたただ1人の裁判官を除いて。

結局、博士は、弁護人が優秀だからではなく、博士が法を超越したプログラム馬鹿だから無罪になったのである。

そして、最高裁の理論を見る限り、Winnyの開発継続が罪になることは確実となった。

こうして、Winnyは過去のソフトウェアになった。

 
博士には僅かばかりの刑事補償がなされた。
しかし、彼が失った日々に見合うものようなものではなかった。

 

警察や検察から、人の人生の最良の時間を奪ったことに対して、謝罪の一言も無かった。

京都府警は、今も狂気な逮捕をくり返している。

Winny事件の前は、著作権侵害蔓延目的という自白調書を騙し取ろうとしていたのが、今度は、最高裁の基準に従って、例外的で無い程度の違法な利用を認識認容していたという自白調書を騙し取ろうとするようになっただけである。

裁判所から違法な取調をしたと指摘されたK警部補は、サイバー犯罪対策室の室長として定年を迎え、ノンキャリ公務員憧れの超大手電機メーカーに天下りした。反省どころか、博士は悪い奴であると吹聴していたという話を伝え聞いている。

検察や京都地裁も相変わらず、警察の追認機関状態である。

そんなことをしている間に、

P2Pの開発は日本でまったくされなくなった。

コンテンツ配信の世界は、itunesやYoutubeに席捲された。


結局、7年半を費やした博士に残されたのは、プログラマとしてのほんの小さな名誉だけであった。

2015年11月 4日 (水)

逆転の刻

高裁の判決は、2009年10月8日午前10時からだった。

前の日から、台風18号が通過して昨日は土砂降りの雨であったが、入場行進(裁判所に行く姿を撮影するあれである)するときには、ほとんど止んでいた。

私は、博士に話しかけた。

台風が止んだということは、今日は無罪ですよ。

博士は、私の突然の強気発言に驚いたようである。

えぇ!そういうもんですかぁ。

そういうもんです。

といいながら、私のカバンの中には、有罪判決の場合に出す上告状が入っていたりして、ホントは少し弱気だったりする。

 

判決前の廷内撮影(ニュースで流す動画を撮影する奴である)が終わって、小倉正三裁判長は、博士を証言台の前に呼んで判決を宣告した。

主文 原判決を破棄する。被告人は無罪。

それはドラマのようなタメなどなく、あまりにもさらっとした一言であった。

傍聴席がざわついた。司法記者が大急ぎで出ていった。

私は、何が起こったのかすぐには理解出来なかった。

まず、なぜか判決を書き留めねばと考えて、ペンを握りしめた。しかし、なぜか、手が震えて字が書けない。

主任が机の一番端の遠くから身を乗り出して手を伸ばしてきた。

団長が握手に応じている。

主任曰く、そこは団長ちゃう、ダン君やろ!

主任は、勝利を祝って私と握手をしたかったらしい。

私はようやく無罪を理解した。

そして、メンバーと一通りの握手を交わした私は、ソファーに戻って来た博士にも右手を差し出した。

博士は、すこし面倒くさそうに、そして恥ずかしそうに、私の右手を握り返した。

 

小倉裁判長は、すこしはしゃぎ気味の弁護団を横目に判決の理由を述べ始めた。

技術開発へ配慮した意欲的な判決理由であった。

K警部補らの博士に対する最初の取調は違法であるとして、調書を証拠排除していた。

私は、判決を聞いている間にいろんなことが走馬燈のように頭の中を駆け巡ってきた。

判決を述べる姿を見ていると、地裁判決の氷室裁判官の姿が思い出された。

あのときは辛かったよなぁ。

でも、良かったな。

多分、今なら死んでも悔いは無いな。

なんて考えていたら、涙が溢れてきた。

やばい。バレたら後で、他のメンバーに冷やかされる!

私は、とっさに、汗を拭くフリして涙をぬぐった。

たいそうなことを考えているわりには小心者である。

 

でも、泣いたっていいじゃん。

すごいことなんだよ。

自分の信じるもののために情熱を注ぐことができるってことは・・・。

 

 

裁判所から出ると、台風一過の真っ青な空が私たちを待っていた。

 

ただ、勝利の余韻を味わうどころではない。

記者会見やら、支援者の報告会やらで大忙しであった。

記者会見では、旗出しに使う予定の「無罪」を博士が広げて撮影である。

実は、旗出しは、法廷に入れなかった支持者に判決の内容をすぐに伝えるためなのである。今回は、台風の影響で傍聴人が全員法廷に入れてしまったので、旗出しを中止したのである。

無罪を語る博士の笑顔が印象的であった。

(これは、共同通信社の記事に掲載されている画像への直リン)

無罪

支援者への報告会で、私達は、この弁護団の最初のメンバーであり、最大の功労者である亡き武久秀浩弁護士に黙祷を捧げた。

 

無罪判決はどこかで速報があったらしい。

とある会社では、ワンフロアー全部で歓声が沸き起こったらしい。

私の携帯は判決の間から勝利を祝うメールでバイブレーションが止まらない状況であった。

銀河英雄伝説の英雄になぞらえて「ダン・ウェンリー」という称賛が多かったのは変な感じではあったが、そのときはとても心地よかった。

注 ヤン・ウェンリー

「無罪」の旗は、博士が嬉しげに持って帰っていった。

そして、私は、ブログで判決の報告をした。


台風は止んだ。

雨は上がった。

勝った。

初めて判決で涙が流れた。

と。

2015年11月 2日 (月)

高裁弁論

2009年7月16日は、高裁の弁論が開かれた。

高裁で証拠調べしたので、その結果を踏まえて、検察側、弁護側でプレゼンを行ったのである。

検察の主張は、Winnyで著作権侵害した正犯は、博士の描いたシナリオに乗せられたにすぎない等精一杯のハイボールであある。

正直、何とかの1つ覚えであるが、そんなことはどうでもよかった。
既に、検察は眼中になかった。

闘う相手は、地裁判決だったのである。

検察側の次は、弁護側の弁論である。

事前に、私は、弁護側弁論に与えられた1時間を全部自分に欲しいと他のメンバーにお願いしていた。

最後に悔いの残らないようにしたかったのである。

私は、1時間の中で、パワーポイントを使って、海外の判決を紹介しながら、Winnyが黎明期の技術であり、技術のプラスの側面に目を向けるべきであるということや、法律論や技術論、正犯の立証の問題点などを精一杯述べた。

弁論を終えたとき、すべてやり終えたという変な満足感が自分の中に沸いてきた。

ただ、その中で述べた、

開発者もWinnyの現実の利用状況を認識していない。

という何気ない一言が、この事件の最後の最後で重要な意味を持つとは、そのときは全く考えてなかった。

判決期日が、2009年10月8日と指定され、高裁の審理は終えた。

その後、判決までの間、やたらと判決の予想を聞いてくる人が多かったのは閉口した。

注目を浴びている事件だったのでやむを得なかったのであるが、逆転無罪の可能性は何パーセントとか聞かれても答えようがない。

この事件は私の事件である。私が有罪と思っているわけがない。

正直するべきことは全てした。それでも有罪判決がでるときはでるのがこの世界である。

でも、記者はそんなことお構いなしである。

私に近しい人で、普段から事件の話を聞いている者まで、

でも、手応えとかわかるやろ?どうなん?

的な話をしてくる状況だったのである。

そんな中、私は、ブログにこんなことを書いた。

私は、金子氏の無罪を信じて闘ってきた。

できることはすべてしたつもりである。

人は最初それは誤っていると言い、次にそれは無理だと言い、そしてそれは誰でもできたという。

しかし、何かを成し遂げるのは実際に何かをした者だけである。

私は評論家でも予想屋でもない。

 

弁護士である。

そう思っている。

私の弁護士としての矜持であった。

そして、判決の日を迎えた。

高裁尋問後編

高裁尋問の後半は弁護側証人である。

弁護側証人は、木村和人氏から始まった。
もちろん担当は私である。

木村氏の証言は、地裁で否定された検察官の「Winnyが専ら著作権侵害のための技術である」アピールに対して、技術の有用性を示すのが目的であった。

 

「インプレスからP2P教科書という本が出版されてますね。」
「はい。」

 

「あなたはWinnyとSkeedCastの章で本を書かれますね。」
「はい。」

 

「Winnyの技術というのは価値の無いものなんでしょうか。」
「価値のあるものです。ネットワークが稼働していたというのは大きな価値だとおもいます。

「Winnyは、P2P技術として特筆する長所はあるのですか。」
「負荷分散という意味もありますし、耐障害性が高いということも言われています。 いざ何かあったときに、エンジニアを待機させておいて、駆けつけてトラブル解決するということをしなきゃいけないんですが、Winnyのような技術を使えば、そういった運用体制等々を簡単にすることができ、その分コストがさげられます。」

 

「実稼働ネットワークというのは重要でしょうか。」
「100とかで稼働するネットワークと数万という規模で参加するネットワークはやはり全然違ってきます。実際に数巡万規模で稼働したということは、学術的にも価値のあることだと思います。」

 

「ファイル共有という観点からですが、現在行われているサービスファイル共有はありますか。」
「Youtubeやニコニコ動画があります。」

 

「これらでは、著作権侵害の可能性のあるファイルはありますか。」
「はい。」

 

「逆に有意義に使えるというのはありますか。」
「テレビ局が自分達の番組をアップロードしたり、政党が主張を動画にして皆さんに見ていただくということもあります。」

 

「Winnyがコンテンツ流通の発展に関して役割を果たしたといえることはありますか。 」
「Winnyの利用者へのアンケートの結果見逃した番組を見れるからというのが非常に多かった。当時はそういう番組を提供するビジネスはなかったが、Winnyのユーザーがそういう発言をするおとにより、ニースがあるんだという、マーケティング的な要素がそこで発掘されたんじゃないでしょうか。」

 

「Winnyというのが開発が続けば、権利者の同意を得たコンテンツというのが流通していく可能性というのはあるとおもっていましたか。」
「はい。」

YoutubeもiTunesも何も無かった逮捕直後ではできなかった尋問である。その間に、日本のビジネスが席巻されてしまったのは残念ではあるが。

私は続けた。

 

「木村さんが取締役をされておられる会社のSceedCastですが、Winnyの技術をベースにしているコンテンツ配信システムですよね。なにかよかったことはありますか。」
「完成度の高いソフトウェアをベースにしたので、非常に短期間で開発出来ました。SkeedCastでは、著作権侵害は起こりませんし、情報漏えいもおこりません。 」

 

「検察官ですが、Winnyというのは、専ら著作権侵害のための技術であるという主張をされているんですよ。妥当な主張と思いますか。」

検察「異義があります。意見を求める尋問です。」
裁判所「異義を認めます。質問を変えてください。」

 

 

検察官は、自分の主張と直接関わるとこでは、すかさず妨害に出てくる。

こちらも、その程度で引くわけにはいかない。質問方法を変えながら、証言を続ける。

 

「専ら著作権侵害のための機能というのはWinnyにあると思いますか。」
「特に思い当たりません。 」

 

「研究仲間など責任ある相手方に対してのみソフトを配布するべきという意見があると思いますが、そういう実験方法で有意義な実験はできると思いますか。」

 

「異義があります。立証趣旨から完全にズレています。 もう少し具体的に聞いてください。」
検察官の異義も執拗になってくる。

 

「仲間内の公開だけで技術的検証ができたという話を聞いたことありますか。」
「いいえ」

 

「Winnyは著作権侵害に対する防止の努力をしていないとおもいますか。」
「無視機能があったと思います。もう一つは警告機能と呼ばれているものです。」

 

「匿名というのは、違法を助長する技術なんでしょうか。」
「いえ、セキュリティ上必要な技術と認識されていると思います。」

 

最後に、私は、前半でのKの証言に係る部分について聞き始めた。

「IPアドレスというのは、一般的なユーザの場合、動的にかわることはあるんですか。」
検察「異義、この証人の立証趣旨から完全に外れた尋問になってます。時間はオーバーしています。」
裁判所「異義を認めます。」

「では、立証趣旨の追加を請求します。」
検察「全く必要性が無いとおもいます。」
裁判所「立証趣旨の拡張を棄却します。」

正直、この部分の質問は、弁護団の中に「IPアドレス」という言葉をやたら説明したがるメンバーがいたので、最後に尋問事項に追加しただけのことである。ここで尋問を制限されても特に痛手ではない。

それでも、弁護側に厳しい訴訟指揮に少し閉口して、尋問を終えた。

 

続く、検察官の反対尋問は、あっけなく終わった。

 

次は、田中先生である。
もちろん担当は私である。

「Winnyに関して何らかのご研究をされたということをお伺いしたのですが。 」
「ファイル名やファイルサイズからどのようなファイルが流れているかの実体をしらべた研究です。 その結果、市販に出回っている音楽のCDやDVDそのままのコピーのものは約3割にとどまるというのが大きな発見でした。 」

 

「このようなサンプリング調査無しに現実の利用状況は判断できるんですか。」
「できないと思います。」

 

「ACCSの平成16年ファイル共有調査のアンケートの手法は妥当ですか。」
「人は自分の記憶で答えますので、それ以外のものが抜け落ちます。」

 

私は、事前に用意したスライドを示した。

Tanaka1

1つは、ACCSのアンケート調査で、例として示されていたタイトル名である。その他はWinnyで実際に流れているファイルのファイル名を少しだけ加工したものである。

知人に試してみたこともある。記憶に残っているものと聞くと、全員が「ハウルの動く城」だけ答えたのである。では、Winnyで流通しているファイルの100%はハウルの動く城なのか?それは違う。

京都地裁の裁判官にはまったく理解出来ていなかったようであるが、ACCSの調査手法は、基本的なところで重大な過ちを犯していたのである。

私は、続けた。

「Winnyに関して著作権侵害による被害が100億円という証言がされたと思いますが、妥当と思えますか。」
「損害額に関して小売価格か平均価格をかけて計算する方法は妥当ではありません。コンテンツというのは人気がだんだん下がってくるわけです。ある一定時点になりますと、もうほとんど売れなくなります。それにも関わらず、当初の小売価格を掛けている点で過大な推定です。もう一つは、コピーがなくなったとしても、小売価格で 購入することは無い人がいます。 真の損害といえるのは、正規品の売上げが減った分です。」

 

「Winnyが著作権者に損害を与えているかどうかという研究はましたか。」
「Winnyによって正規品の売上げが減るという効果はありませんでした。むしろすこし増えることすらありました。Winnyに宣伝効果があったのだとおもいます。」

 

私はスライドを示した。

「本件のコンテンツビジネスに当たる影響についてどう思われますか。」
「著作権法は、創作者の利益と利用者の利益をバランスさせる法律だと思っています。最適な保護水準がどこかというのはいま論争中です。これは将来、様々な試行錯誤の結果、いろいろな民事上の解決がなされていくというふうに思われます。刑法でこれを罰してしまうと言うのはどちらかと言えば乱暴な方法でありまして、可能性の芽を摘むという意味ではマイナスと思います。」

Tanaka

私は尋問を終えた。

検察側の尋問は、こんどは少し執拗であった。

「先生の意見を拝見すると、集めたサンプルが120万件ということでいいですか。」
「はい。」

 

「10台のパソコンをつかって、5人の人がパソコンの画面を目視して、カウントしたとうことですか。」
「そうです」 

「それでなんで全数調査と言えるんですか」
「集めたのは基本的に全数ですので」

 

「あなたは10台のパソコンにつながった情報だけをご覧になったんですよね。その10人のノードにつながってるファイルだけがみえるんじゃないですか。それは全数と言わないと思いますけど」
「じゃあ、全数という言葉を改めても結構です。それはしかし、全数と非常に高い相関性を持っている。全数を反映した数字になっているはずです。

 

なぜか、検察官は満足げであったが、あまり、意味のある尋問になっていない。そりゃそうだ。統計の専門家に統計で議論を吹っかけても仕方ない。

検察官は、どや顔で、田中先生が事前に作成した意見書を示した。
「この文章の下の方に、市販されている音楽CDや映画DVD、写真集、ソフトウェアなどの比率は4割程度でしかない。と描いているんですが、なんで今日は3割なんですか。」

実は、3割と4割の間だったので、3割と証言していたのであるが、今度は、証人を動揺させるのに成功したようである。

「4割ということで結構です」

 

検察官はさらに尋問を続けた。

「CMなんかも4割以外のところに入れてるんですよね。」
「入れてます。」

 

「CMも著作物でしょう」
「はい。著作物であろうかとはおもいます」

検察官はとても満足げである。 

検察官は、その後何点かの証言を経て、証人尋問は終わった。

弁護側としても当初の目標は達成しているのであるが、検察としても、毎度毎度弁護側の思うようにはさせなかったぞというところであろうか。

そして、高裁の証拠調べ手続きは終わり、残るは高裁の弁論と判決だけとなった。

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31