あたーにーあっとろーとは?

  • Winny制作者金子勇氏
    こと博士の素顔があまりにも面白いので、弁護人である私の目から、事件を振り返ってつれづれなるままに書きつづってみる、壇弁護士の事務室のスピンアウトブログです。

« 最期の真実 | トップページ | あとがき »

2015年12月19日 (土)

別れの手紙

金子さん元気ですか。

死んじゃってるので、元気なわけないだろというのは十分わかってます。

ホントはおじいさんになって、京都府警の悪口で盛り上がったついでに伝えようと思っていたんですが、それはかなわないので、今、こんな手紙を書いています。

 

Winny事件の後も、IT関連の刑事弁護はいろいろあって、なんだかんだで、闘ってます。

あれ以降、京都府警の中には私を知っている人もいたりして、ガサのときにお巡りさんに威嚇されたりして、少し迷惑な状況になっていたりします。それでも、事件の経験は意外に役立っています。

ただ、他の事件を経験している中で、Winny事件って違ってたんだなと感じることもあります。

それは、信じる力です。

ネットワーク社会の将来への信頼。自分の中の正義への信頼。

そして、弁護士4年目の経験不足な私に対する信頼。

ネットで叩かれても、NHKから変な手紙をもらっても、地裁で有罪になっても、まったく揺らぐことのなかった金子さんの信じる力。

それがあったから、私は無我夢中で闘えたんだと、今更ながら思います。


あれから、Winny事件で、なぜ勝てたんだろうかって、ときどき考えるようになりました。

いろいろ考えるんですが、いつも結論は、金子さんが、プログラム馬鹿だったからじゃないか?というところに行き着きます。

中島敦の「悟浄歎異」って小説があるんですが、読んだことありますか?

金子さんは、その中で出てくる三蔵法師ってことです。

ただし、あんな人格者じゃないですよ。

で、私が、孫悟空だったのかというと、それも違います。

あんな、大それたもんではないです。

私は、所詮、欠陥人間とか言われてきた程度の存在です。

ただ、金子さんが、プログラム馬鹿だから、何も出来ない人だからこそ、金子さんへの想いが、私にあの一瞬だけの特別な力を与えてくれたんじゃないかなと。


私は金子さんみたいなイノベーターでは無いみたいです。

ただ、そういう人の為に闘って、そういう人の為に心を遣って生きていくことはできるかなと思うようになりました。

あの事件を通じて知った

事件に対する真摯な姿勢。

燃え尽きる程の充実感。

そして、人の人生が変わった瞬間の喜び。

私は、未だ、これに勝るものを知りません。

私は、金子さんのために闘うことで、自分の凡庸な人生を、特別な価値あるものに出来たんだと思っています。

 

私は、これからも

Attorney at Law

であるよう努力し続けるつもりです。

いつの日かまた会う日まで。

 

ありったけの情熱をこめて。

 

 

« 最期の真実 | トップページ | あとがき »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46914/62748920

この記事へのトラックバック一覧です: 別れの手紙:

« 最期の真実 | トップページ | あとがき »

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31