あたーにーあっとろーとは?

  • Winny制作者金子勇氏
    こと博士の素顔があまりにも面白いので、弁護人である私の目から、事件を振り返ってつれづれなるままに書きつづってみる、壇弁護士の事務室のスピンアウトブログです。

« 別れの手紙 | トップページ

2015年12月19日 (土)

あとがき

この話を書き始めた2006年は、Winnyのネットワークを利用した情報漏えい系のウイルスが流行っていた時期でした。

当時、博士こと金子さんに対するメディアの扱いは酷く、まるで、マッドサイエンチストのような扱いでした。

しかし、実際の金子さんは、悪しき意図とは無縁の、純朴で、世間知らずな人物でした。

私の目の前にいる金子さんをみんなに知ってもらいたい。

本当は、被告人にそんな感情移入するのは、刑事弁護のプロフェッショナルとしては、冷静さを欠いて失格かもしれません。

でも、金子さんといると、そんなことがどうでも良いと思えてきたのです。

そういう想いからアターニアットローを書き始めたのですが、文章力ないわ、遅筆だわ、仕事忙しいわで、そんなこんなしている間に、事件が終わってしまって、金子さんの人生まで終わってしまって、当初の目的はどこにいったのやら状態になりました。

Winny事件の最高裁決定がでて、金子さんの無罪が確定した日から、今日でちょうど4年です。

Winny事件は、最高裁の裁判例集や判例六法に載ったりしましたが、Winny事件を知ってはいるけども金子さんを知らないという学生も出てきているようです。

私が、ちんたらしていた間に、Winnyは、昔話になりつつあるようです。

この物語が、金子さんという人を知り、また、思い出す切っ掛けになれば幸いです。

最期まで書き終えることが出来たのは、ただただ、みんなのご声援のおかげです。この場を借りてお礼申し上げます。

ありがとうございました。

 

 

最後に、私からも

ネットワーク社会の未来が明るいものであることを祈ります。

2015年12月19日

壇 俊光

« 別れの手紙 | トップページ

コメント

こんにちは。

私は組込み系のプログラマーですが、Winny事件では本当に憤りを覚えました。ソフト関係者は殆どの人が頭の上に”?”がついたのではないでしょうか。

弁護士の皆さんのおかげで金子さんが無罪となり本当にうれしかったです。
言いがかりのような起訴、本当にもったいない時間でした。金子さんにはもっと活躍して欲しかった。残念です。

このブログで裁判の内容や金子さんの人柄がわかり嬉しく思っています。ありがとうございました。

ps
檀先生の名前が私と同じなのでびっくりしました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46914/62748922

この記事へのトラックバック一覧です: あとがき:

« 別れの手紙 | トップページ

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31