« 2004年8月20日 | トップページ | 2004年8月29日 »

2004年8月26日

2004/08/26

ガイドラインとは?

ようやく3万アクセスを突破した。
いろんな方がこのブログを見てくださっている事に感謝。

さて、
NPO法人の日本ネットワークセキュリティー協会なる団体が、

P2Pファイル交換安全利用ガイドライン

の草稿を公開しているらしい。
内容を拝見したが、
(これだけ重要な事項のガイドラインが1ページだけ
と言うのも、それはそれでつっこみどころなのだが)
僅か1ページの中に、
突っ込みどころが満載である。
あんまり、突っ込みすぎると反発を招くので、
あえて、一点だけ挙げると、

「P2Pファイル交換ソフトウェアを
使って著作者の許可無く
著作物を収録したファイルを中継する行為は、
…権利侵害行為の幇助にあたる可能性がある。」

結論はさておき、
中継が幇助になるのか、なるとしたらどういう場合になるか、
開発者や利用者はどうしたら良いのかを明らかにすることが、
「ガイドライン」というものではないのか?
幇助の「可能性」と言っただけでは、
いたずらに萎縮的効果が増すだけではないのか?

少なくとも、

プロバイダ責任制限法のガイドライン

程度のものではあると思っていただけに、
かなり驚いた。

| | トラックバック (2)

i-link

最近、某メーカーのハードディスクレコーダー
(何を買ったかは、すぐ分かるが)を購入した。
ハイビジョン画像がそのまま録画出来ると言うのが、
ウリだったので、ケーブルテレビのSTBとi-linkで、
つなごうとしたところ…出来ない。

そこで、メーカに電話したところ、担当者が出てきて、
「いやー、著作権の問題があって、i-link出来ない
様にしているんですよ。」と答えた。
私は、思わず、
「チューナ内蔵だろうが、i-linkだろうが、
私的複製は、著作権侵害になりません。」
と言ったが、彼は、いきなり著作権法の話を
言い出す客にびっくりしたみたいで
「どうもいろいろあるみたいで」とうろたえて言っていた。

私も、良くわかってない担当者をいじめても仕方ないので、
その場は終わったのであるが、もし、メーカが某団体の
圧力に負けて、i-linkを出来ないようにしたので
あれば、一消費者としてとても悲しいことである。

このブログには、家電メーカからのアクセスも見られるが、
もっと、彼らは、声を大にして主張しても良いはずである。
ベータマックス訴訟を勝ち、現在のビデオの基礎を築いたのは
彼らなのだから。

| | トラックバック (2)

« 2004年8月20日 | トップページ | 2004年8月29日 »