« 20000アクセス記念 | トップページ | i-link »

2004/08/20

グロッグスター米連邦控訴審判決

米控訴裁、ファイル交換ソフトの著作権侵害責任を否定

との記事が出ているのを見た。
一部の学者の破棄の予想に反して、3裁判官が一致で原審判決を支持している。
この事件は、おそらく、連邦最高裁で争われるの(?)であろう。

これに対して、日本の警察はどうコメントするか興味深い。
また、「外国の判例だから関係ない」と、理由の裏付けのない弁解をするのであろうか。

インターネットを通じて、私たちは、世界中と向き合って、情報通信することが可能になった。
しかし、もし、インターネットに関する犯罪を取り扱っているものが、世界に背を向けているとしたら、あまりに皮肉なことである。

|

« 20000アクセス記念 | トップページ | i-link »

「法律コラム」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46914/1234516

この記事へのトラックバック一覧です: グロッグスター米連邦控訴審判決:

» アメリカでファイル共有ソフトの作成は著作権法に抵触しないとの高裁判決 [酔うぞの遠めがね]
アメリカでファイル共有ソフトの作成は著作権法に抵触しないとの高裁判決があった。「ファイル交換サービスの運営およびソフトの配布がユーザーの著作権侵害行為を助長して... [続きを読む]

受信: 2004/08/20 13:49

« 20000アクセス記念 | トップページ | i-link »