« ちょっと宣伝 | トップページ | 個人を批判するつもりはまったく無いです。 »

2004/09/15

Aerie

日本ソフトウェア科学会のシンポジウムが、
開催されたとの記事を見た。

引用記事

匿名プロキシサーバの一般公開が中止されたとの話を見た。
今回の逮捕が原因で技術開発が萎縮した実例であろう。
非常に、残念な事である。
やはり、今回の事件の与える影響は大きなものがある。

警察や検察は、何が違法で何が適法になるのかを
これまで全く明らかにしていない。
ここでもガイドラインの必要性が訴えられているが、
ガイドラインと言っても捜査側がそれに従わなければ
意味がない。
そもそも、今回の逮捕もそれまでの認識をひっくり返すような
(異論はあろうが、当時、アメリカのグロッグスター判決から、
日本でもピュア型P2Pのファイル共有ソフトの提供は、
適法とされるだろうと考えていた人は少なくない)
逮捕なのだから。

検察には、日本の技術開発の今後のためにも、
Winnyの何が違法であるのか。
誠実な釈明を望んでいる。

あと、記事に対して言いたいことはいろいろあるが、
突っ込みだしたらきりがないので、
とりあえず今回は見送り。

|

« ちょっと宣伝 | トップページ | 個人を批判するつもりはまったく無いです。 »

「winny」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46914/1440416

この記事へのトラックバック一覧です: Aerie:

» P2Pシンポジウム [裏AnchorDesk]
昨日は東工大に日本ソフトウェア科学会主催のP2P問題に関するシンポジウムを見に行く。既に内容についてはITProやITmedia等で一部公開されてますのでそちら... [続きを読む]

受信: 2004/09/15 14:23

» [Winny]あえてこのカテゴリで [狂詩曲の果てに]
-お互いが踏み台になる?匿名プロキシをP2P技術で実現する「Aerie」がWinny作者の逮捕で公開を中止[アキバBlog] -Aerie(壇弁護士の事務室) -Winny作者逮捕がP2P技術の研究者 ... [続きを読む]

受信: 2004/09/15 17:21

« ちょっと宣伝 | トップページ | 個人を批判するつもりはまったく無いです。 »