« 2005年7月26日 | トップページ | 2005年7月28日 »

2005年7月27日

2005/07/27

痴漢えん罪事件

青年法律家協会の企画で
えっ,痴漢!?私は無実です!!「無罪判決」への道のり
というのがあるらしい。

この手の記事を見ると、被告人の努力には敬服しきりである。
私は、実際はしていないが、警察から認めれば(拘留場から)出られると言われて、妻や職場を考えて、泣く泣く痴漢を認めたと打ち明けられた経験がある。私は、無罪を争う労力と費用を知っているだけに、彼が真実とは異なる自白を選んだことを責めることは出来なかった。

これまでの日本の刑事訴訟は、やくざの親分や凶悪犯をグレーゾーンから黒にするための理論構築に、最大限の努力を払ってきたような気がする。私は、それは、それで評価をすべきと思う。巨悪を処罰することは尊重されなくてはならないのである。
しかし、おなじ定規を当てはめるとむしろ不公平な事件もある。
その1つが、痴漢えん罪事件ではなかろうか。(もちろん、痴漢を放置すべきという趣旨ではない。むしろ、日本は甘すぎると考えている。)

1つには、もちろんwinny開発者の刑事起訴がある。(もちろん、現行刑事訴訟でも無罪でなくてはならない。)
個人的には、包丁やピストルの例えには飽き飽きしている。

| | トラックバック (1)

釣られているようで気が進まないが

~ひろゆき氏のブログから

> んでもって、「2ちゃんねる運営側は書き込み者のIPアドレスを捜査当局に提供しているから」という部分が初> 耳です。
> 具体的には誰から聞いた情報なんでしょうか?

そんな情報は、私も初耳である。

そしてメールを見直したが、「弁護方針が立てられる状況ではない」等と弁護団が答えた事実はなかった。
もちろん、途中での軌道修正はあるものの弁護方針は逮捕当時からある。ただ、弁護方針を明らかにすると喜ぶのは検察である。もちろん弁護方針を答えるつもりはない。

そして、「スレッドの書き込みが金子被告本人のものであるかどうかは証明できないのではないか」という点についても、一般論ではなく、具体的に検察官が請求した証拠についての話しである。

要は、法廷を見に来て自分で正しい情報を得るのが一番と言うことである。
というわけで、明日28日の午後1時半から京都地裁で公判があるので、来ていただきたい。

さて、明日は、誰が一番奥の席に座っているか!

| | トラックバック (1)

« 2005年7月26日 | トップページ | 2005年7月28日 »