« 2006年1月24日 | トップページ | 2006年1月27日 »

2006年1月25日

2006/01/25

自白供述の信用性

名古屋地裁で無罪判決があったようである。

まず、検察官控訴は必至なので、結論づけるべきではないが、記事を見る限り判決の中で自白調書の信用性をし「客観的状況は捜査機関がすでに把握し、犯人でなくとも想像で供述できる。捜査官の誘導を否定できず、証拠関係を前提にする限り、犯罪の証明がない」ということである。

たいていの調書は、捜査側が客観証拠を集めて、客観証拠に合致するよなストーリーを作ってされるので、自白調書にはっきり矛盾がでるということは珍しい。一般には、「やってなかったら自白しないはず」と言われるが、「やってなかったら、捜査側の作文した調書に署名しないだろう」というのは、結構そうでもないのである。調書の法的意味を理解して取り調べを受けている人などほとんどいない。
その意味で、ここまではっきりと指摘した裁判所には、すこし溜飲が下がる思いである。

| | トラックバック (0)

債務弁済計画案β3.0

大阪弁護士共同組合のコンピュータネットワーク委員会の企画で、業務用ソフトの提供をお願いされたので、従前使っていたものを改良して提供することにした。

しかし、デバッグがめんどくさくて仕方ない。
というわけで、公開するので、弁護士の方は使ってみて、バグがあったら、直接メールでもいただけるとありがたい。
一応弁済計画案を自動的に作るエクセルシートである。
債務者名、債権者名、弁済金額、弁済回数などを入力すると自動的に各月の支払額が入力される。

専門家の人には、あまりに稚拙な関数の処理だが、行き当たりばったりの思いつきなので、そのあたりはお手柔らかに。

それにしても、このようなソフトは、利用者が限定されているので、テスターの選定が難しい。金子氏が、技術あるものを対象に2ちゃんねるにWinnyを公開した気持ちのはとても分かる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月24日 | トップページ | 2006年1月27日 »