« 2006年1月29日 | トップページ | 2006年2月3日 »

2006年2月1日

2006/02/01

ワンクリック詐欺に対する判決

町村先生のブログから

弁護士の先生が、御自ら訴えたようである。

私自身、過去にワンクリック詐欺を実際に請求が来るか試して見たことがあるのであるが、実際には請求が来なかったのである。しかし、請求が来たら訴えただろうか?告訴して終わりだったかもしれない。

この手の訴訟は、まず、金銭的にはペイしない。相手が誰かを調べるだけでも大変で、面倒くささもものすごいものがある。それでも自分でやったということはレスペクトする。誰かがやらなくてはならないのである。

ITにおける消費者保護に取り組む弁護士は、まだまだ少ない。

| | トラックバック (1)

安田弁護士事件の控訴審が始まる。

アサヒコムから

告訴の旗振りをしていた弁護士は、当時正義の弁護士で絶賛されていた。テレビ出演や出版もあった。しかし、その弁護士も別の事件が原因ですでに弁護士では無い。私も、某債権を回収する会社の仕事をしたことがあるのだが、これらの事件はかなり悪影響があったことは事実である。バブルで踊らされてたのは、何も不動産業者だけでは無かったのかもしれない。

ところで忘れてはならないのは、この事件、東京地裁の保釈決定を、東京高裁が取り消すことが3回もあったのである。法定刑2年の事件で9ヶ月以上の勾留というのはあまりに意味がない。まさに、検察のメンツと高裁の糺問主義の強力タッグという感じである。

現在の刑事司法を巡る現状は目を覆わんばかりのものである。

弁護人の方々の努力は大変なものがあるとは思うが、がんばっていただきたいと思う。

| | トラックバック (0)

« 2006年1月29日 | トップページ | 2006年2月3日 »