« 第19回公判のお知らせ | トップページ | MEXUM 8th »

2006/02/16

第19回公判

今日は、村井教授の尋問であった。

なかなか、渋い声でWinnyの技術的価値を話していただいた。
Winnyの技術やそれに対する技術者の評価というのは、
法律しか解らない人たちにも伝わったのであろうか?

ホントのことを言うと、村井先生は、超忙しい方なので、
何かあってはいけないとビクビクものだったのである。
当日、お会いできたときは「やったーーー!」って感じである。

次回のメインは被告人質問である。
また、来ていただきたい。

で、今日の一言
「確認君で確認できたのは墓穴だけだったりして」

追記
internetwatchに尋問の記事が出ていた。

こういう記事は、えてして司法記者は書かない。
だから、金子氏のメディア露出が少ないという批判もあるが、選ばざるを得ないのである。

おまけ
落合先生も来られていたようである。弁護人席は傍聴者がよく見える。大抵は、誰が来てるか分かるのだが、気付かなかった。

さらに。
いろいろ反響があるようである。
Winnyに関する意見はよく聞くし議論をすることは大切と思う。ただ、私が戦う相手は検察や裁判所であって、この件で、時間を使って、その他の人と議論をすることには意義を見出し難いので、あまり、自分で議論をする気はない。
あえて、一言だけ言うと、Winnyに送信者のIDをつけて匿名性を失わすべきであったという考えに対しては、私はそう思わない。そのようなことくらいでは、なりすましは防止できないし、匿名=違法・卑怯ではないと思うからである。

|

« 第19回公判のお知らせ | トップページ | MEXUM 8th »

winny」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第19回公判:

» [刑事事件][P2P]Winny開発者の裁判に村井教授が証人として出廷、検察側の主張に異議 [弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 「日々是好日」]
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2006/02/16/10925.html 昨日、京都地裁へ行き、この公判を傍聴しました。傍聴人は、最初の頃にくらべ、減っていて、傍聴席の6割から7割程度が埋まっている感じでしたが、本件に対する傍聴人の意識の高さは強く感じられました。 まず、印象的だったのは、村井教授が、ウイニーの性能を非常に高く評価している、ということでした。「洗練された、優れた性能」といった証言が繰り返し出ており、非常に優れたP2Pソ... [続きを読む]

受信: 2006/02/17 09:06

» Prof.Murai on Winny Trial [benli]
 慶應義塾大学環境情報学部教授の村井純先生が、Winny事件で証言したのだそうで [続きを読む]

受信: 2006/02/18 11:18

» Winnyの適法な用途 [benli]
 2006年3月10日付日経新聞朝刊(第14版)の43頁によれば、 愛媛県警捜査 [続きを読む]

受信: 2006/03/10 19:44

« 第19回公判のお知らせ | トップページ | MEXUM 8th »