« 2006年5月23日 | トップページ | 2006年5月29日 »

2006年5月26日

2006/05/26

非弁行為

ずーーと気になっている漫画がある。

カバチタレ

解説はこちら

これは、弁護士の愛読者も多い。しかし、主人公のしていることは、どう考えても弁護士法違反なのである。

(非弁護士の法律事務の取扱い等の禁止)
第七十二条 弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、異議申立て、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。

第七十四条 
2 弁護士又は弁護士法人でない者は、利益を得る目的で、法律相談その他法律事務を取り扱う旨の標示又は記載をしてはならない。

第七十七条 次の各号のいずれかに該当する者は、二年以下の懲役又は三百万円以下の罰金に処する。
  三 第七十二条の規定に違反した者

第七十七条の二 第七十四条の規定に違反した者は、百万円以下の罰金に処する。

端的に言うと、行政書士が法律業務を業務としておこなった場合は、刑罰の対象になるのである。

カバチタレを読んで勘違いする人が増えたら困るなぁと思っていたのであるが、実際に、受かったら女性のために刑事告訴をするような仕事をしたいという女性が、そのために行政書士試験を目指しているというホームページを見つけてしまった。

私的には、その女性が行政書士になってから刑事告訴に行って、そのまま自分も捕まることの無いようにと、よけいな心配しているところである。

| | トラックバック (0)

« 2006年5月23日 | トップページ | 2006年5月29日 »