« R30を見て | トップページ | P2P技術の進化と次世代通信インフラの展望 »

2006/08/30

16億円の行方

総務省が情報漏洩技術対策に16億円の概算要求をするようである。

「ウィニー対策技術」という見出しになっているのは、正直頭に来るところである。単にウイルス対策ではないのか?

というより、16億円を計上しなくても、ウイルス対策になって、バッファーオーバーフローの脆弱性も解決する方法があるにもかかわらずできない状況はどうかと思う。そして、だれも協力しようとしない。
Winnyの悪用に一番憤りを感じているのは、実は金子氏なのである。

アンチウイルスソフト会社は、金子氏にWinnyのキャッシュファイルを復号化する方法を問い合わせることすらしていない。

|

« R30を見て | トップページ | P2P技術の進化と次世代通信インフラの展望 »

「法律コラム」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46914/11685119

この記事へのトラックバック一覧です: 16億円の行方:

« R30を見て | トップページ | P2P技術の進化と次世代通信インフラの展望 »