« 2007年4月14日 | トップページ | 2007年5月2日 »

2007年4月27日

2007/04/27

幇助の拡大

今度は掲示板の管理者が名誉毀損の幇助で立件されたようである。

従前から児童ポルノの世界では幇助による立件があったが、次は著作権法、そして名誉毀損と流れがあるような気がする。

ただ、記事を見る限りでは、違法な書き込みを知っていて削除しない不作為が問題になっているようである。不作為による幇助は山口教授の意見を伺いたいところであるが、本件は違法行為を具体的に知らなかったWinny事件とはすこし異なるように思える。

幇助というのはとても曖昧である。曖昧さを解釈により妥当な結論へ導くことが求められている。しかし、今の刑事司法は、「曖昧≠妥当」である。弁護士の私の目から見て、裁判所が検察の追認機関のようになっている現在の刑事司法では「曖昧=警察の自由」という感じですらある。

電気通信の関係法では、いずれも通信の秘密が規定されている。だからこそ、お悔やみ電報を取り次いで送ったNTTは民事上も違法性がないとされた。しかし、掲示板の管理者であれば、刑事事件により犯罪者にされてしまうのである。

大企業であれば、民事上の責任もなく、個人であれば犯罪者にされてしまうのが日本の通信技術であると思うとあまりにも悲しすぎる。

世間ではお巡りさんが、とてもバランス感覚に優れているとでも思われているのであろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月14日 | トップページ | 2007年5月2日 »