« 2007年8月6日 | トップページ | 2007年8月17日 »

2007年8月8日

2007/08/08

光市母子殺害事件弁護団緊急報告集会出席報告

というのが、大阪弁護士会であったようである。というのも、私は、別の弁護団の打ち合わせで出席できなかったのである。参加すれば、事案の真実に少しでも近づけたと思うと残念である。

この事件や弁護方法自体は賛否両論であろう。批判がある程度あるのも当然である。弁護とは本来的には社会との戦いである。偏見との戦いでもある。そんなのに負けていては弁護士を名乗る資格はない。

その集会に出席していたタレント弁護士のブログを見ていて情けなくなった。自分をやじった弁護士を品性に欠ける文言で非難しているが、私からみれば人を煽っているだけのタレント弁護士も同じ○○○○である。テレビ受けのパフォーマンスしか出来ない人間はかたはらいたしである。

この問題の本質は、法が法の名の下に人を殺すことが許容されるのは、いかなる場合かという古くて新しい議論である。

そもそも刑法とは誰のためのものなのだろうか?

本質と離れて、つまらないことがフォーカスされていることが残念である。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年8月6日 | トップページ | 2007年8月17日 »