« なんの技量なのか? | トップページ | スマイル?円 »

2008/01/28

薬物犯と再犯

三田佳子さんの二男が実刑判決をうけたようである。

薬物犯は執行猶予が終わっても再犯は実刑になることが多い。前刑からみると実刑はやむをえないところであろうと思う。

私は薬物犯の弁護をするとき「そんなに良いのか?」と聞くことが多い。

それに対して、一人だけ「止められませんよ」と言った馬鹿がいたが、たいてい「止めようと思えば止められるんだけど…」と答えることが多い。

薬物の使用を止めさせるには、それでも使ってしまう彼らの心を理解する必要があろう。その心は私には分からない。

とても好奇心の強い私であるが、弁護士の端くれである。さすがに薬物利用してまで彼らの心を知るつもりはない。

この手の問題は別に薬物にとどまることはない。絶望的な家庭環境で育った少年、その他いろいろ。弁護というのは難しいものなのである。

|

« なんの技量なのか? | トップページ | スマイル?円 »

法律コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 薬物犯と再犯:

« なんの技量なのか? | トップページ | スマイル?円 »