« Roots1.5 | トップページ | 1,000,000アクセス »

2008/03/04

巨乳が証拠?

ボツネタが喜びそうな判決だったりする。

記事

女性は1審で、「小桜被告はけ破ったドアの穴をすり抜けてマンション内に入ってきた」などと証言。1審判決は、女性の証言の信用性を認めていた。

 一方、2審では同じサイズの穴のあいたドア模型を使い、小桜被告が穴をくぐれるかを実験。小桜被告の胸囲が約1メートルあり、くぐるのが不可能だったことが分かり、女性の証言の信用性が崩れた。

問題は、こんな事件でも1審では有罪判決が出ていることである。検察官も実験していないし、原審裁判所でも検証させてもらえなかったようである。

そんなことは、真っ先に疑問に思うところなのであるが…

そんな目立つものを見逃して、何が真実発見なのだろうか?

と思うが、これが、悪名高き日本の刑事司法の現実である。

|

« Roots1.5 | トップページ | 1,000,000アクセス »

「法律コラム」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。

>そんな目立つものを見逃して、何が真実発見なのだろうか?
全く、同感です(笑)

袴田事件でも同様のことがあったと思いますが、書面による審理ってこうも不自然なものなんですね。

それを見直そうという裁判員制度なのかもしれませんが、果たしてうまく機能するんでしょうか。
裁判官の独壇場にならないかと心配ですが。

投稿: SakaiYasunori | 2008/03/05 00:20

すでに、模擬裁判では、裁判官の強権発動アンド「こんなのプロだったら…」な事案が報告されていますね。

ただ、裁判員制度は、今よりはましとは思っています。

投稿: Toshimitsu Dan | 2008/03/05 21:21

スレタイと全く関係ない話ですいません

【社会】京都府がP2P配信に乗り出しました
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1204873186/l50
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2008/03/07/18717.html

このSkeedCastというソフト、
以前にここのブログでありましたような気が

この投稿、問題ありましたらすいません、削除お願い致します
 

投稿: 通りすがり | 2008/03/09 20:01

>通りすがりさん

もちろん、SkeedCastは、金子さんが開発に携わったP2P配信システムで、ベースの技術は例のあれです。

京都府が採用するにまで至ったことはうれしいことです。

少しずつ世の中も変わっていっていると思います。

投稿: Toshimitsu Dan | 2008/03/10 12:41

すみません、タイトルと関係ないんですが、
ここ数日話題になっているアマゾンのウィッシュリストの情報漏洩について論証してもらえると嬉しいんですが・・・
とりあえず希望ということで。

投稿: harugatikai | 2008/03/13 17:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46914/40367873

この記事へのトラックバック一覧です: 巨乳が証拠?:

« Roots1.5 | トップページ | 1,000,000アクセス »