« 2008年6月1日 | トップページ | 2008年6月7日 »

2008年6月5日

2008/06/05

日の丸の価値

なんとも、右翼チックなタイトルであるが、書きたいのはそういうことではない。

平成20年6月4日最高裁大法廷で、国籍法の規定を違憲とする判決が下された。

裁判所HP

記事の引用

結婚していない日本人父とフィリピン人母10組の間に生まれた子ども10人が、国に日本国籍の確認を求めた訴訟の上告審判決で、最高裁大法廷(裁判長・島田(仁郎、に、ろう)長官)は4日、出生後の国籍取得に両親の婚姻を必要とする国籍法の規定を違憲と初判断した。大法廷は「遅くとも国籍取得を届け出た03年には、規定は合理的理由のない差別を生じさせ、法の下の平等を定めた憲法に反する」と述べ、10人全員の日本国籍を確認した。

裁判長は、私が司法修習生時代の研修所所長である。修習時代に修習生に対しても懇切丁寧に話をしていただける姿勢に非常に感銘をうけた方である。

国籍法のからみは非常にトピカルなので、司法試験の出題可能性も結構ある…。国籍法が変わってしまう可能性があるが…。この判決は、補足意見、反対意見が飛び交っているので、受験生はどちらの立場をとるにせよ反対意見や補足意見の検討をしてもらいたい。

私的には、やんちゃなお父さんだと、結婚離婚を繰り返さないと子供が日本国籍を取れないことになる。そんな不利益を子供に負わせるのはいかがと思う。というわけで多数意見に賛成である。

弁護士は全員多数意見で、行政・検察に反対意見が多いのが印象的である。最高裁は熾烈な政治の場だったりするのである。

日本人であることの資格とは?、日本人であることの意味とは?と考えされられるところである。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年6月1日 | トップページ | 2008年6月7日 »