« 弁護活動も表現方法かもしれない。 | トップページ | LSE支援者対象報告会 »

2008/12/27

ブレーキを踏めない人たち

銀河鉄道999事件は、和解で終わったのかと思ったら、判決になっていた。

記事

判決で東京地裁は「歌詞は、漫画のせりふに基づく盗作とは認められない」として松本さんに220万円の賠償を命じた。
日経新聞だと「歌詞と漫画の表現は相違も大きく、漫画に依拠しているとは断定できない」となっている。
この手の短い表現に独占的使用を認めれば、世の中に使ってはいけない表現が多くなりすぎるので比較的慎重になされることになる。
本件では、まんまのコピーか、他に依拠性を示す明確な証拠でもない限り盗作とは認めにくい。松本氏側の勝ち目はもともと薄かったと思われる。
和解でも裁判官からかなりの示唆があったと思うのであるが、引くべき時に引けなかったのであろうか?
なんだかなぁ…

|

« 弁護活動も表現方法かもしれない。 | トップページ | LSE支援者対象報告会 »

法律コラム」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブレーキを踏めない人たち:

« 弁護活動も表現方法かもしれない。 | トップページ | LSE支援者対象報告会 »