« カチカチの価値 | トップページ | 第一回 ライブドア テクニカルセミナー »

2009/02/25

黒船

記事

 検索大手グーグルが進めている書籍全文のデータベース化を巡って、同社と米国の著作者らが争っていた集団訴訟が和解に達し、その効力が日本の著作者にも及ぶとする「法定通知」が24日の読売新聞などに広告として掲載された。

 著作者らが自ら申請をしなければ、米国内でのデータベース化を拒めない内容で、日本の作家らには戸惑いもある。

日本で何も進まない間に黒船がくる。あまりに見慣れた光景である。

コンテンツビジネスは大きな転換期を迎えている。権利強化を訴えるよりもするべきことがあるはずである。

「最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。唯一生き残るのは、変化できる者である」 ~チャールズ・ダーウィン

|

« カチカチの価値 | トップページ | 第一回 ライブドア テクニカルセミナー »

法律コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黒船:

« カチカチの価値 | トップページ | 第一回 ライブドア テクニカルセミナー »