« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009/08/31

観念的競合の話

高木浩光氏の今度の戦はMIAUか津田氏のようである(こういう事言うと「戦」ではないとか言われそうだが…)。

ちなみに、私はMIAUの一員ではない。ただ、元気よく頑張って欲しいと願っている一人ではある。

さて、その中でこんな記事を見つけた。

記事

津田大介:コンピューターウイルスって、作者は明らかに被害を及ぼしているわけじゃないですか。ウイニーを使った情報漏えいウイルスを作ったりコンピューターに破壊活動を行わせるようなウイルスを作ったときに、その作者はどういう罪状でどういう対応をしてどういう署名をして起訴までいこうかと考えたときに、逮捕までいくのが結構大変で、そういうときに一番わかりやすかったのがウィニーを使ってるとどうしてもいろんなところにアップロードをしまくるという特性があるので、あれは非常に著作権侵害なりやすいツールなんですね、法律的にも。そこでウイルス作者を著作権侵害で逮捕したりするんですよ。ほんとに結構そういう例っていうのは結構あって、本来それは著作権侵害ではなくてもっと悪いことしてるよねみたいなときに、そういう著作権侵害っていうのが都合よく使われている。

という点に対して、

この件について、津田氏はようするに、「ウイルス作者もWinnyで(アニメ等の)ファイル共有をやっていたので逮捕された」という意味のことを言っている。

もう少し詳しくすると、「警察は、ウイルス作者を逮捕するにあたって、当該ウイルス作者がWinnyで(アニメ作品等の)著作物のファイル共有をしていた(他のWinny利用者らと同様の行為として)ため、それら(アニメ作品等著作物)の公衆送信権侵害(という、ウイルスとは全く無関係の事実)で逮捕したのだ」ということ。

それは全くの出鱈目だ。

この事件で罪とされたのは、著作権法113条6項(罰則は119条2項1号)の著作者人格権侵害である。

この事件の判決は次のようなものだった。

本件は,被告人がした名誉毀損(判示第1)と,著作物であるアニメーション番組の静止画情報を,自己が作成した感染者のパーソナルコンピュータのハードディスク上の情報を破壊するなどの機能を有するコンピュータウィルスに添付した上,ファイル共有ソフトである「Winny」により自動公衆送信し得るようにして,著作権(公衆送信権)を侵害するとともに,著作権者の名誉又は声望を害する方法により著作者人格権を侵害した(判示第2)という事案である。

津田氏は冒頭のインタビュー(引用部最後の段落)で、「本来的な著作権の使い方とは違うんですよね。あれってもともと創作者が経済的利益や人格的利益を守るためのものなのが、」と言っているが、この事件はまさに、「創作者の人格的利益」が毀損されたものであって、津田氏はまるっきり事実を取り違えて話していることがわかる。

高木氏の指摘もいまいち不明であるが、原田ウイルスの作者は、公衆送信権侵害では罪とされておらず、著作者人格権侵害で罪にされたということを主張しているようである(そういうことでなければ津田氏の話しが全くのデタラメとはいえないと思うがいかがであろうか)。

しかし、判決の認定事実をもって、逮捕時の被疑事実を出鱈目と糾弾する問題点はさておいても、この判決は 「自動公衆送信し得るようにして,著作権(公衆送信権)を侵害するとともに」とあるように、公衆送信権侵害も罪とされている。著作者人格権侵害でも罪にされたというのが正しい。

一つの行為が、同時に二つの犯罪に該当する場合を観念的競合と言うが、本件がそれにあたる。記事を見て、改めて判決を確認してみたが、やはり、公衆送信権侵害と著作者人格権侵害の観念的競合であった。

この程度は、まともな法律家であれば、上記の引用部分を見ただけですぐにわかる。

もっとも、高木氏は、法律については素人だし、ここは法廷ではないのである。

本当に間違えているなら訂正すれば良いだけであるし、私が高木氏の主張を読み違えた可能性もある。

ただ、イントレラントな批判をしている割には、いまいちピリッとしないなぁと感じたところである。

続きを読む "観念的競合の話"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/08/30

天下一カウボーイ大会

今日は、金子氏の付き人ということで、

天下一カウボーイ大会に来ている。

今週は、日弁連やらなにやらで、水曜日から日曜日まで東京という状況であった。

事務所経営が心配になるところである。

追記

天下一カウボーイ大会は、元々のゲーム屋が多く、また、悪意ある聴衆もなく、金子氏もとても楽しそうであった。口には出さないが、昔からの友人と会えるのはうれしいのだろう。もう少し、気軽に会える立場にする責務を感じた。

私は、厚かましくも元ドワンゴの森さん主催のALTYパーティにも参加させてもらった。

ニコニコ動画で有名な戀塚さん他、顔見知りも出席していたのであるが、ほとんどの人は私のことを知らないパーティーである。通常の「人に捕まって料理を取れない」という悩みが無く満喫させていただいた。

これは、パーティーのおみやげである。

P10102223

森さんが私的につくったビールと、私的に作った漫画である。清水さんってこんなに涼しげかなぁという問題についてはさておき、結構壮大な無駄というべき漫画であった。

私は、馬鹿馬鹿しいことを大まじめにする人が大好きである。

で、ビールであるが、こんな感じである。

P10102232

なんか、ブルーキュラソをビールに入れて甘みを抜いたような、美味からずも、不味かりし味で、罰ゲームには最適な飲み物であった。

森さんの懐広し!おそるべしである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/28

【押尾学起訴】東京地裁、保釈を決定

押尾氏の保釈が出たようである。

記事

捜査関係者によると、押尾被告は逮捕当初、「一緒にいた女性からもらって飲んだ。違法なものとは知らなかった」と容疑を否認していたが、その後の調べで「違法なものと知っていた」「以前にも海外で使ったことがある」と起訴内容を認めていた。

というわけで、この報道が事実であれば、通りそうに思えない否認事件から、たまたま被告人が著名人のただの事件になった様相である。

酒井氏も起訴される方向というみたいである(不起訴の可能性をテレビで喋っている人がいると聞いたが、それは弁護士なのだろうか?もし、そうなら正気の沙汰とはおもえない)、こっちも、逃走援助の方がどうなるかという問題はあるが、たまたま、被疑者が著名人のただの事件の様相である。

記事

酒井氏も押尾氏も、報道を前提にすると、供述の変遷は見られていたようである。

このような供述の変遷は良くみられる。素人は、自分で交渉できると思っているのだろうか。

しかし、無辜の人ですら、自白調書を作れるのが我が国の取り調べである。そんな弁解で20日間持つことはまずない。

というわけで、マスコミの薬物ネタ特集も終わりに近づくであろうか?

正直なところ、私に取材が来るのだが何を答えていいのやらである。日経ダイヤモンドご推薦の落合先生に取材してください。>マスコミの人

| | コメント (2) | トラックバック (0)

更新料訴訟の行進の予感

更新料は大阪ではあまり見ないが。

その更新料が有効かについて、近時、京都地裁が無効とする判決がでたと思ったら、大阪高裁でも昨日無効という判決がでた。

記事

この更新料であるが、

原告代理人の谷山智光弁護士は、判決について、「消費者保護の流れに沿うものだ」と評価。これですぐに賃貸契約が大きく変わることはないとしながらも、「こうした判決を積み重ねて、適切な賃貸契約が実現すればと考えています」と言っている。

他方で

(被告)代理人の谷口直大弁護士は、こう指摘する。「判決は、全部おかしいと思っています。家主の収入と借り主の支出との割り付けの問題なのに、名目上のことだけ見て判断しているのは適切ではないからです。更新してから借り主がいつ家を出るか分からないから、更新料などがあるわけです。それで家賃が安くなっているのに、無効なら家賃を上げるしかありません。結局、消費者の首を絞める、視野が狭い判決ですね」

と、対立も激しい。

ただ、私的には、記事の谷口氏の発言をみるかぎり、家賃を上げれば対応できる程度の問題なのであり、更新料なるよく分からない金の取り方を認める必要性はないと考えている。

ただ、ホームだけに家賃訴訟よろしく、その手の事務所の新規ビジネスになるのはどうかと思うところではある。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

JASRACへの排除措置命令、保証金1億円で東京高裁が執行免除決定

日本音楽著作権協会(JASRAC)が2月27日付で公正取引委員会から受けていた排除措置命令の執行が当面免除されることが決定した。これによりテレビ局やラジオ局などの放送事業者は、排除措置命令が確定するまで、従来の手続きでJASRACが管理する楽曲を使えるようになった。

記事

根拠条文はこんな感じである。

独占禁止法

第70条の6 公正取引委員会が排除措置命令をしたときは、被審人は、裁判所の定める保証金又は有価証券(社債、株式等の振替に関する法律第278条第1項に規定する振替債を含む。次条第1項及び第70条の14において同じ。)を供託して、当該排除措置命令が確定するまでその執行を免れることができる。
それにしても、1億円の供託とはえらく多いかと思うかも知れない。というわけで、ジャスラックの財産目録を見てみた
定期預金 三菱東京UFJ銀行本店他6行 29,828,809,136円
ざっと290億円を超える定期預金である。
それよりもすごいのは、
建設協力貸付金 (財)古賀政男音楽文化振興財団への貸付金 3,867,219,675円
ジャスラックは、少なくとも38億円を他の団体に貸し付けるほどの余裕はあるということである。1億の供託で揺らぐことはない。
ただ、これが社団法人といえるのであろうか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「法廷でPC」

「法廷でPC」弁護士研究会検察「対抗」裁判員制度視野に

という記事を見た。

 京都弁護士会所属の若手弁護士11人で作る「法廷プレゼン研究チーム」が、裁判員裁判の弁護に役立てようと、パワーポイントを使った弁護活動の研究を始めた。地裁でのこれまでの模擬裁判では、検察側がパソコンを駆使し、裁判員役の市民から好評を得たことから、これに〈対抗〉することにした。同チームは「わかりやすい立証で、被告の権利擁護という使命を全うしたい」と意気込んでいる。

いやいや、パワポはもう珍しくともなんともないですから…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

YouTube、一部個人投稿動画に広告収入の支払いを開始

表記のまんまの記事をみた。

記事

審査に通れば、投稿者のYouTubeアカウントに広告収入が受け取れるという旨のメッセージが表示され、これを承認するとGoogle AdSenseアカウントに広告収入の支払いが開始される。

Youtubeは大統領選挙で、マスコミの限界を見せつけた。その他、警察の職務質問や逮捕の状況などユーザジャーナリズムの動きも見られる。

これは、ファイル共有でのWINWINモデルの一つと言えるだろう(こんなことを言うと著作権者がどうたら言う人がいるが、ここではKY認定である)。

ファイル共有=著作権侵害や情報漏えいで思考停止している、何も知らない人や愚かな自称技術者がいる一方で、ファイル共有がようやくここまでたどりついたことは感慨深いものがある。

ただ、日本でこのようなモデルがいつまでたってもでてこない。

それが残念である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/27

刑法学者から見た刑事司法

中山研一先生は著名な刑法学者である。

ブログなんて作ってますます元気な様子である。

そのなかでもこんな記事を拝見した。

控訴審弁護について書かれた記事である。弁護団に参加して活動までされている様子で、頭が下がる思いである。

以下引用(ほとんど全文だが)

その控訴審は、実質的な審理を一切することなく、8月7日に判決を言い渡しましたが、案の定、原審の有罪判決を維持し、被告・弁護側の控訴を棄却するというものでした。

その判決文が送られてきましたので、読んでいますが、従来からの型にはまった控訴棄却判決の手法を踏襲したもので、裁判所としては、もう手慣れたものだという印象を受けました。

それは、検察官の立証の不十分さをカバーする形で有罪とした原判決をそのまま維持することを前提にして、被告・弁護側の「詳細な控訴理由」には極めて冷たく、最初から理由なしという結論を導くための論理を探して、これを簡潔かつ無難に記述したものにすぎないというのが率直な感想です。

最大の問題は、有罪の証拠と無罪の証拠とが拮抗するような「否認事件」であるにもかかわらず、判決の中に「悩みぬいた」痕跡を発見することができないという点にあります。

本件では、警察・検察の初動捜査がきわめてずさんで、重要な証拠物であるバイクも早々と処分してしまい、後続車の同乗者の1人の「目撃証言」があるだけで、検察官は事故現場の科学鑑定すら申請しないという消極姿勢が目に見えているにもかかわらず、裁判所はむしろその欠陥を意識的に見過ごしながら、被告人に不利な側面には極めてきびしい姿勢を示すことによって、有罪の心証を維持したものというほかありません。

そこには、「冤罪を見抜こうという姿勢」が全く感じられないのです。そしてそれが、「足利事件」のような冤罪を生み出す共通の土俵になっているように思われます。

日本の刑事司法は酷いものであるが、特に控訴審は絶望的である。

原判決の問題点の根拠となる弁護側の証拠請求は、ほとんど原審で提出可能であったと証拠採用せずに公訴棄却判決を下すことが多い。高裁の裁判官であれば理解してもらえるのではないかという被告人の最後の望みは、この時点で絶望に変わる。

私的な問題は、中山先生のような大家でさえ、刑事司法の現状をご存じ無かったことである。

講学上の議論も良いが、実務を無視しては意味がない。刑法学者と実務は相互にコミットメントが必要である。現状は、警察の御用学者よろしくしている学者はいても、反対の人は見あたらない。

それが、現状なのである。これを見ても一般の人はにわかには信じようとはしないが。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009/08/19

教育の現場

弁護士の多くは、判例時報か判例タイムスなどの法律雑誌を読んでいることが多い。

私のように週刊アスキーを真面目に見ている者は少ない。IT弁護士は大変なのである。

ホントはもう少し技術よりのものにしたいのであるが、オススメがあったら教えていただきたい。

ところで、判例タイムスは、デジタルデータで閲覧できるので便利である。しかし、テキストデータは取得できないので、使い勝手は悪い。

その判例タイムスを見ると、4月28日に、体罰か教育かで最高裁判決が出ている。

判決

前記事実関係によれば,被上告人は,休み時間に,だだをこねる他の児童をなだめていたAの背中に覆いかぶさるようにしてその肩をもむなどしていたが,通り掛かった女子数人を他の男子と共に蹴るという悪ふざけをした上,これを注意して職員室に向かおうとしたAのでん部付近を2回にわたって蹴って逃げ出した。

そこで,Aは,被上告人を追い掛けて捕まえ,その胸元を右手でつかんで壁に押し当て,大声で「もう,すんなよ。」と叱った(本件行為)というのである。

そうすると,Aの本件行為は,児童の身体に対する有形力の行使ではあるが,他人を蹴るという被上告人の一連の悪ふざけについて,これからはそのような悪ふざけをしないように被上告人を指導するために行われたものであり,悪ふざけの罰として被上告人に肉体的苦痛を与えるために行われたものではないことが明らかである。

Aは,自分自身も被上告人による悪ふざけの対象となったことに立腹して本件行為を行っており,本件行為にやや穏当を欠くところがなかったとはいえないとしても,本件行為は,その目的,態様,継続時間等から判断して,教員が児童に対して行うことが許される教育的指導の範囲を逸脱するものではなく,学校教育法11条ただし書にいう体罰に該当するものではないというべきである。

したがって,Aのした本件行為に違法性は認められない。

この程度と言ったら反感を持つ人もいるであろうが、先生を足蹴にして逃げる子供に対しては厳しい態度で接する必要があり、私には教育として不当とは思えなかった。

しかも、驚いたことに、これが高裁では損害賠償が認められていたのである。裁判官が自ら教鞭をとったことがないのであろうか?教育の現場にはそのような裁量すらないのであろうか?教師も人間だからこそ教育できるのである。

さらに、驚いたのは

被上告人の母親は,長期にわたって,本件小学校の関係者等に対し,Aの本件行為について極めて激しい抗議行動を続けた。

という認定である。判決書きに記載される程であるので、その程度は想像に難くない。私は何となく自分が旧人類になった気分である。

ということで、法律雑誌はいろんな見方があるのである。一度どうぞ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009/08/13

うーーむ

酒井被疑者が解雇される流れのようである。

記事

一方、東京・南青山の自宅で押収された覚せい剤が0.008グラムと“残骸”レベルで、尿検査でも陽性反応はなし。さらに、毛髪鑑定でも覚せい剤の使用時期が特定できない場合は、起訴猶予もしくは不起訴になる可能性もわずかながらある。

何となく、使用と所持が別罪であることを理解しているのか疑問の記事である。

覚醒剤の場合、所持の場合は使用罪が追起訴されることが多いが、あくまで別の罪なのである。

一般的には、これだけ騒がせた事件なので、覚醒剤が確認できたら微量でも公判請求すると思われる。

事務所幹部は「解雇処分は捜査結果が明らかになってから発表する」と前置きした上で、「起訴されなくても芸能活動は許されないだろうし、難しい」と“解雇”やむなし、と苦渋の方針を明らかにした。

一般的には、酒井被疑者くらいのレベルだと定額の給料ではなく、レベニューシェアの契約になっていることが多く、従業員とは言い難いことが多い。この場合、解雇したとしても、過去の作品の許諾料が生じた場合などはどうするのだろうか?

碧いウサギ大人気だし…

契約書もないことが多い世界だし、私にはよく分からない。

ただ、今後、覚醒剤→浅草ロック座というのだけは勘弁して欲しいところである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/12

裁判員PR映画、広報中止

結局は、被疑者が著名人というだけのただの覚醒剤取締法違反事件という感じのこの件であるが、裁判所は、裁判員PR映画が広報中止となったようである。

記事

これについて、無罪推定の原則はどうなっているのかという突っ込みをされている記事を見かけた。

そういう裁判所の現状に対しての方策が裁判員制度だったりするので、いまさら何を言っているのか?と弁護士の立場からはそう感じる。

逆の意味で、良い宣伝になったのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラクエⅨ

発売されて少し立ったが、大阪駅前のヨドバシカメラでは、

「ここでのすれ違い通信はご遠慮ください」

なんて張り紙があったりして、好評のようである。

すれ違い通信では、宝の地図のやり取りが出来て、中には本当にお宝の地図があったりしたりして、相互に地図のデータの交換をしているようである。

…これは、ファイル共有ではないか?

任天堂のゲーム機にもそんなものがあったのだと思ったひとときである。

で例の地図って、どこに行けば手に入るんですかね??

続きを読む "ドラクエⅨ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/07

薬物犯の証拠構造

なんだかタレントさんの薬物事件が多いようである。

こんなのとか

こんなの

そのなかで、こんな発言をみつけた

錠剤は女性に勧められ、「違法なものではない」と渡されたという。

刑事事件で、薬物事件の否認事件はけっこう多い。「居酒屋で飲んでたら、だれかわからない隣の人から薬を盛られた」とか「セックスで相手の体液を摂取した」なんてのはざらである。弁護人としても、「んなアホな」というような事をいう人が結構いるのである。

こんな場合、裁判所はどう判断するのか。

基本的に、尿等から薬物使用の事実が見つかった場合、自らの意志で使用したという推認が働く。

かつて、推認と推測の違いもわからない自称法律を勉強したという輩がいたが、推認というのは、これに反する具体的な証拠がない限り、その事実が認められるということである。

そこで、推認を覆すような弁解であるかが問題となる。もし、弁解は信用できないということであれば、推認どおり有罪ということになるし、弁解が合理的であれば無罪ということになる。

自認に転じる可能性もあるが、押尾容疑者の場合は、これから捜査側は弁解を弾劾するような証拠の確保に努力することになる。今後の注目点である。

一方で、酒井容疑者というと、かつてドラマでバタバタした手話をしていたのが印象的なお方であるが、これはこれで今後の進展に注目だったりする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/04

裁判員裁判のトライアル

早速いろいろあったようである。

記事

女性は裁判所職員に退廷を促され、出口に向かいながらも「労働者人民を裁く側に動員するな」と叫び続けた。

「労働者」とか「人民」とかに甘美な響きを感じる方の言動のようであるので、つっこむのもあれであるが、その言動は勘違いも甚だしい。

以下は、金沢大学の東川准教授からのメールの無断転用。

制度の趣旨として、裁判所がまず第一に刑事被告人の権利を守るため、と言わないのは疑問。アメリカの裁判官に、なぜ陪審制度をやってるんですか、と聞いたら例外なく「だって、そうしないと被告人の権利が守られないでしょ」と返事されます。

えん罪に対して無罪判決を出すのも、被告人の権利を守るのも、裁判員の役割なのである。

追記

裁判員について種々議論があるが、多くの人は被告人の有罪を前提としているものばかりである。

しかし、無罪の事案も当然ある。裁判員はその際に有罪を無理矢理に認定するものであってはならない。

司法取引もないのに日本の有罪率は高い。それは、裁判所が有罪の推定の元に被告人を有罪にしようと腐心しているからでもある。

それは、一般常識と乖離した広範な構成要件だけではない。

検察側証人に対する反対尋問で、弁護人の尋問に介入して、裁判官が誘導尋問で模範解答を示唆したこともあった。

法廷が終わってから、検察官が裁判官室まで行って、弁護士抜きで、あれこれ打ち合わせしているのは日本では珍しくない光景である。

これまでの職業裁判官による刑事裁判は、超ハンディキャップマッチなのである。裁判員制度とはそのようなものに対するアンチテーゼでもある。判断者には常に社会と広いコミットメントが必要である。

こんなことは過去の記事を読んだら繰り返し書いているのだが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »