« 「法廷でPC」 | トップページ | 更新料訴訟の行進の予感 »

2009/08/28

JASRACへの排除措置命令、保証金1億円で東京高裁が執行免除決定

日本音楽著作権協会(JASRAC)が2月27日付で公正取引委員会から受けていた排除措置命令の執行が当面免除されることが決定した。これによりテレビ局やラジオ局などの放送事業者は、排除措置命令が確定するまで、従来の手続きでJASRACが管理する楽曲を使えるようになった。

記事

根拠条文はこんな感じである。

独占禁止法

第70条の6 公正取引委員会が排除措置命令をしたときは、被審人は、裁判所の定める保証金又は有価証券(社債、株式等の振替に関する法律第278条第1項に規定する振替債を含む。次条第1項及び第70条の14において同じ。)を供託して、当該排除措置命令が確定するまでその執行を免れることができる。
それにしても、1億円の供託とはえらく多いかと思うかも知れない。というわけで、ジャスラックの財産目録を見てみた
定期預金 三菱東京UFJ銀行本店他6行 29,828,809,136円
ざっと290億円を超える定期預金である。
それよりもすごいのは、
建設協力貸付金 (財)古賀政男音楽文化振興財団への貸付金 3,867,219,675円
ジャスラックは、少なくとも38億円を他の団体に貸し付けるほどの余裕はあるということである。1億の供託で揺らぐことはない。
ただ、これが社団法人といえるのであろうか…

|

« 「法廷でPC」 | トップページ | 更新料訴訟の行進の予感 »

「法律コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46914/46053393

この記事へのトラックバック一覧です: JASRACへの排除措置命令、保証金1億円で東京高裁が執行免除決定:

« 「法廷でPC」 | トップページ | 更新料訴訟の行進の予感 »