« 刑法学者から見た刑事司法 | トップページ | 「法廷でPC」 »

2009/08/28

YouTube、一部個人投稿動画に広告収入の支払いを開始

表記のまんまの記事をみた。

記事

審査に通れば、投稿者のYouTubeアカウントに広告収入が受け取れるという旨のメッセージが表示され、これを承認するとGoogle AdSenseアカウントに広告収入の支払いが開始される。

Youtubeは大統領選挙で、マスコミの限界を見せつけた。その他、警察の職務質問や逮捕の状況などユーザジャーナリズムの動きも見られる。

これは、ファイル共有でのWINWINモデルの一つと言えるだろう(こんなことを言うと著作権者がどうたら言う人がいるが、ここではKY認定である)。

ファイル共有=著作権侵害や情報漏えいで思考停止している、何も知らない人や愚かな自称技術者がいる一方で、ファイル共有がようやくここまでたどりついたことは感慨深いものがある。

ただ、日本でこのようなモデルがいつまでたってもでてこない。

それが残念である。

|

« 刑法学者から見た刑事司法 | トップページ | 「法廷でPC」 »

「法律コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46914/46052729

この記事へのトラックバック一覧です: YouTube、一部個人投稿動画に広告収入の支払いを開始:

« 刑法学者から見た刑事司法 | トップページ | 「法廷でPC」 »