« 2009年9月3日 | トップページ | 2009年9月25日 »

2009年9月4日

2009/09/04

日計ダイヤモンド

弁護士大激変という特集をみた。

弁護氏名まで書いて、高額過払金のリストをつくるのは、いかにもな切り口で、冷ややかな目で見るには良い感じであった。

ただ、過払い金返還請求やの宴というのは、言い得て妙かもしれない。

他にもいいたいことはあるが、個人的につぼは「厳選、有名企業も頼りにするらつ腕弁護士」の一覧である。

刑事で落合先生、会社法で葉玉先生、なんと知財で小倉先生まで出ているではないか。ネットブロガー強しである。

ちなみに、私は、「有名企業と闘っている」弁護士であるので、もう、全く第三者目線である。

あまり本音でいうと、弁護士業界で無用の敵を作ることになるので言えないが、「へぇ、この人が」という部分もある。ただ、日経の弁護士ランキングや悪マニのランキングといい、ちょっと偏っているくらいが、見る分にはおもしろいので、いろいろあっても良いかもしれない。

ただ、おまえは全国何位だから只で相談しろという電話は勘弁して欲しいところである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

作権者2人がグーグルを刑事告訴

だそうな。

記事

黒船というからには、自分たちが鎖国体制なのは自覚しているのかも知れない。

ただ、目白署で対応できるとは思えない。

記事を見る限り、彼らが、ベルヌ条約やクラスアクション、あえて言うなら著作権法を理解しているとは思えない。

業界慣行=著作権法ではない。黒船だからつぶせということで告訴したのであればいかがと思うところである。

いつも言っているが、著作権法は保護範囲が不明確であるにも関わらずとても重い直罰規定がある。

ということで、著作権法には、このようなカジュアルな告訴を誘発する土壌がある。

本来的には、フェアユースで対応するべきであるが、著作権侵害=刑罰というのはこれ自体見直すべきと思うところではある。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年9月3日 | トップページ | 2009年9月25日 »