« 大阪弁護士会がTBSに抗議 | トップページ | 悪質DS業者包囲網 »

2010/04/13

平気で冤罪をつくる人たち

という本を読んだ。

足利事件をふまえての裁判制度への問題提起であった。

この事件は、裁判所が謝るかとか、DNA鑑定がどうこうという話しが取り上げられがちであるが、無罪には、被告人の無罪を信じ、そのために情熱をもって活動する弁護人が必要なのである。そのことが書かれていてよかった。

他方で、司法のしゃべりすぎ論や、理系の自分!的な話しはちょっと蛇足ともおもえる。

それがなければ井上馨氏ではないと言えようか。

総じていえば、あの!井上薫さんにしては良い本に入ると思う。

|

« 大阪弁護士会がTBSに抗議 | トップページ | 悪質DS業者包囲網 »

まったり、雑文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平気で冤罪をつくる人たち:

« 大阪弁護士会がTBSに抗議 | トップページ | 悪質DS業者包囲網 »