« 押尾学被告に懲役2年6月の実刑判決 | トップページ | 検事、押収資料改ざんか? »

2010/09/17

橋下徹氏に2カ月の業務停止処分

私は、大阪の弁護士であることがわかると、橋下氏を引き合いに出されてあれこれ言われることが多い。

それに対して、「彼と比較されるのは、私にとっては悪口なんですよ」と答えることが多い。

そんな、彼は、山口県光市で起きた母子殺害事件の被告弁護団の懲戒請求をテレビ番組で呼びかけた問題で、2カ月の業務停止処分となったようである。

記事

正直、彼が懲戒になったことについては、さほど興味はない。

問題は、

橋下氏に対しては「意見評論の範囲だと弁明して反省しようとせず、弁護団にも陳謝の念を示していない」と批判した。

 橋下氏は処分を受け入れる意向を示した一方で「視野の狭い弁護士数人が勝手に判断した」と指摘。その上で「品位」について「弁護士会の品位の基準と僕の基準は違う。北新地に行けば品位のない弁護士は山ほどいる。あいまいで不明確な品位を懲戒の基準にする弁護士会はどうかしている」と批判した。

という話である。

北新地にいる品位のない弁護士とやらは、かつての橋下氏自身ではないか?

というのは、下品な邪推であるが、そういう人がいることをもってしても、彼の行為を正当化することにはならない。

彼は、視野の狭い弁護士が懲戒したと述べているようであるが、その視野の狭いと批判している懲戒制度を奨励して、視聴者に他の弁護士に対する懲戒をなさしめようとしたのが他ならぬ彼ではないか。

彼のダブルスタンダードには、正直辟易している。

|

« 押尾学被告に懲役2年6月の実刑判決 | トップページ | 検事、押収資料改ざんか? »

法律コラム」カテゴリの記事

コメント

「品位」とは何でしょうか?僕ら一般人の感覚からしたら、光市の事件の犯人を弁護する弁護士の弁護にこそ、羞恥心と人間味が欠落していると思います。橋元さんは確かに感情的で直情的ではありますが、僕は少なくとも、あなたの書く文章より、彼の言動や行動にこそ「弁護士に必要な最低の資質」を感じます。

投稿: 高梁 | 2010/09/22 07:19

この手の話では、マスコミの報道と実際が異なるのは良くあることです。この事件は、それが特に顕著に見られるようです。

弁護人は、この場合どうするべきかは難しいものです。

あり得ないと思いますが、死刑になる可能性の高い被告人に対して
「あなたは、たとえ真実であっても、その主張は羞恥心と人間味が欠落すると言われるので、主張しない。あなたは死刑になってください」と言うのが、弁護人のあるべき態度ということであれば、弁護人は誰のために闘うのか分からなくなります。

被害者と加害者の関係は、常に難しい問題を含んでいます。ご理解いただけると幸いです。

投稿: Toshimitsu Dan | 2010/09/22 13:38

 橋下氏の下品さにはあきれかえります。初めは幼児的な人格をひきずった人かなとおもっていたのですが、権力者になりあがったあと、それを増徴させて、自分をきわだたせるために他人を口汚くこきおろす。公の立場にある人間のする態度ではありません。自分の都合の言いようにその場その場で言い方を変える。ここでいわれている懲戒請求制度にかかわるダブルスタンダードもその典型。知性をもった人間のすることではありません。

投稿: 山上 | 2010/09/26 08:07

>山上さん
橋下さんを批判すること自体は良いのですが、人格全否定というのは、私はあまり好きではありません。

クールに行きましょう。

投稿: Toshimitsu Dan | 2010/09/30 15:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 橋下徹氏に2カ月の業務停止処分:

« 押尾学被告に懲役2年6月の実刑判決 | トップページ | 検事、押収資料改ざんか? »