« 告訴受理を受けて | トップページ | 犯人誤認のすきに… »

2010/11/04

訃報 津谷裕貴弁護士

今朝、起きて、ニュースを確認していたところ、津谷弁護士が、刺されて死亡したとのニュースが飛び込んできた。

記事

津谷弁護士は、秋田弁護士会所属で、日弁連では、消費者問題対策委員会の委員長である。

私は、津谷委員長の、和を重視し、消費者問題に情熱的に取り組む姿勢を尊敬していた。

来週は消費者問題対策委員会の正副会議が予定されていた。

正副会議の後は、みんな、地方で顔を合わせる機会が少ないので、懇親会をしようということになっていた。

私は、趣味の蝶の写真を撮りにインドネシアに行った話や、理想とする消費者市民社会について熱い話を聞かせてもらえると思っていた…。

私は、まだ、津谷先生の死を受け入れる事が出来ていない。

弁護士とは、そんなに安易に命を失わなければならない職業なのだろうか。

今は、何かの間違いであることを願っている。

|

« 告訴受理を受けて | トップページ | 犯人誤認のすきに… »

法律コラム」カテゴリの記事

コメント

勝手な想像ですが
法律家なんて長いことやってると、法律で何でも解決できると思いがちになるのでは。

すべての人間が法律を絶対だと思ってないわけで、
それこそヤクザなどの出鱈目な人間がたくさんいるわけで。

そういう出鱈目かつインチキな人間に法律は効き目が無いわけですよ。

事務所のセキュリティーを強化したり、 
それこそ事務所入り口に金属探知機とかでも導入するとか。

結局法律自体が利権団体の恣意的な立法でしかないことも、影響があるのかもしれない。
 誰しもが納得できる理論で出来てないし。

まあ、私のような無力なものが何を言っても無駄ですが

投稿: ddr9-1333 | 2010/11/04 09:08

またしても、離婚調停絡みだそうで。
妻の側に付いていたのが殺された弁護士だとか?夫婦喧嘩は犬も食わぬと言いますが。

弁護士は負ければ依頼者から恨まれ、勝てば相手方から恨まれる。そういう職業です。

弁護士は脇の甘いと言うか、傍若無人に法を利用するリスクを考えない人も多いような気がします。危ない橋を渡るからこそリターンも多いのですけどね。

追いつめられた人間の武器は、法ではなく暴力です。相手が法律の専門家ならなおさら。殺された後に、弁護士会が弁護士殺しには重い罪を課せと遠吠えする以外にありません。

投稿: もえもえ | 2010/11/05 00:29

>ddr9-1333さん

津谷先生は、法律万能主義な方ではありませんでしたよ。

>もえもえさん
関係者から間接的に聞く話では、津谷先生は決して脇があまかったというわけではありませんでした。

本件の事実経緯はあまりにも無念です。

投稿: ToshimitsuDan | 2010/11/05 08:43

津谷さんが襲われたのは、自宅で午前4時ですよ。
ニュースを隅から隅まで見てから書き込んでいるのでしょうか。

そして例え法律を振りかざすところがあったり、脇が甘かったりしていたとしても、
そもそもこのような暴力を許していいものでしょうか。
人が一人亡くなっているのですよ。
故人も悪いところがあったのではと言うのは筋違いだと思います。

警察の対応諸々やりきれない思いです。

投稿: takamori | 2010/11/05 09:32

とても残念な事件です。
卑屈な人間によって離婚への不満を第三者に暴力によってぶつける許されざる行為です。
こういう事件が起きると、離婚やDV問題を依頼された弁護士が仕事を受けるのを躊躇してしまうのではないかと心配です。
弁護士会、警察はもっと弁護士の安全を真剣に考慮すべきだと思います。

投稿: ぴかぴか | 2010/11/05 10:59

>takamoriさん
どうして、よりによって津谷先生がという気持ちが頭を離れません。

>ぴかぴかさん
弁護士が命を犠牲にしなければならない職業だとすれば、あまりに悲しいことです。

投稿: ToshimitsuDan | 2010/11/05 16:18

この件はどうなるんでしょうか?警察にもかなりの過失がありそうなんですが、ごまかされそうですしね。

警察官二人が誤認しなければ刺されないですんだ様なので。

投稿: KZ | 2010/11/05 19:14

とても残念なことです。

誤って済めば警察はいらないと言いますが、秋田県警はこの様ですからね。

余も末とは正にこのことです

投稿: r.t | 2010/11/27 00:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 訃報 津谷裕貴弁護士:

« 告訴受理を受けて | トップページ | 犯人誤認のすきに… »