« 2010年12月18日 | トップページ | 2010年12月21日 »

2010年12月20日

2010/12/20

無資格で家系図 最高裁、逆転無罪

記事

宮川裁判長は、花香さんが作成した家系図は「依頼者の希望に沿って、個人の観賞目的や記念品として作られた」と認定。対外的な証明文書として利用する予定もなく、行政書士の資格が必要な「事実証明に関する書類」にはあたらないと判断した。

そりゃそうだ。
ただし、鑑賞目的と偽って、事実証明に関する書面を作ったらアウトなので注意されたし。

でも、某漫画では、行政書士取る前にガンガンその手の書類つくってたような…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私が、修習をした53期8組には、当時74才の同級生がいた。

仕事をリタイアしたことを契機に、残りの人生を人のために使いたいと一念発起した方であった。私にとって、クラスの大切な一員だった。同級生というだけでない、人生の偉大な先輩でもあった。

戦時中、陸軍で隼の教官をしていたということで、いろいろなことを教えてもらった。
「靖国には、死なせてしまった教え子が祀られている」と話しながら、涙を流しているのを見たとき、私は、机上の空論しか持たない自分を恥じたものである。

しかし、残念ながら、体力的な理由で、前期修習でリタイアされた。

私は、定期的に飲み会を開催することにした。あの、めんどくさがりの私がである。絆が欲しかったのである。
その会は、やがて、年1回の忘年会となり、今年、弁護士になって10年の忘年会が開かれた。74才の同級生は、87才の元同級生になった。いまだ健在である。

忘年会には、忙しい中、地方から駆けつけてくれる人もいる。私は、毎回、人徳の力を思い知らされる。

私が、そのような存在になれる日はいつか来るのだろうか?

ところで、今回、わざわざ来てくれた裁判官との会話。

「壇君太ったねぇ」

「太ると癒し系に見えて良いこともあるのよ」

「じゃ、しゃべっちゃだめじゃん」

…相変わらず手強い奴…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月18日 | トップページ | 2010年12月21日 »