« 一握の気持ち | トップページ | 住基ネットのセキュリティ »

2011/04/27

妻への殺人未遂容疑で告訴状=弁護士刺殺事件―秋田

記事

秋田市の弁護士津谷裕貴さん=当時(55)=が昨年11月に自宅で刺殺された事件で、現場に一緒にいた妻良子さん(53)は26日、無職菅原勝男被告(67)=殺人罪などで起訴=を自身への殺人未遂容疑で秋田地検に告訴状を提出した。

 告訴状によると、菅原被告は事件当時、「旦那とあんたを殺しに来た」と話し、良子さんに向けて実弾入りの拳銃を突き付けるなどしたという。秋田県警の調べで、拳銃は本物と判明している。

この告訴は、津谷先生ではなく、奥さんに対する殺人未遂罪である。
調べれば調べる程、警察の落ち度が明らかになるとしても、ちゃんと真相をはっきりして欲しいところである。

|

« 一握の気持ち | トップページ | 住基ネットのセキュリティ »

法律コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 妻への殺人未遂容疑で告訴状=弁護士刺殺事件―秋田:

« 一握の気持ち | トップページ | 住基ネットのセキュリティ »