« 妻への殺人未遂容疑で告訴状=弁護士刺殺事件―秋田 | トップページ | ホリエモンのその後 »

2011/04/27

住基ネットのセキュリティ

記事

津波で役場が壊滅状態となった岩手県陸前高田市と大槌町、宮城県南三陸町と女川町の4市町で、住民基本台帳と戸籍のバックアップデータがすべて確認されたことが8日、総務省と法務省への取材でわかった。バックアップした日から震災までの間のデータは欠落するが、最も重要な住民データは何とか維持された。

 

総務省によると、4市町の住民基本台帳のデータは津波により喪失。しかし、各市町がサーバーなどの保守管理を委託している業者に確認したところ、いずれも被災せずに数カ月以内にバックアップしたデータが残っていたという。

逆に言えば、数ヶ月間のデータは失われてしまった訳である。

この事件は、住民データ管理の問題点を浮き彫りにした。もし、紙媒体のみであれば、津波で全部パーであったところ、住基ネットのバックアップデータでかろうじて助かった訳である。

この住基ネットは、一種のクラウド指向的なサービスとも言える。そして、クラウドにおいては、現在様々な法的問題やセキュリティが検討されているところである。

データの保全もその1つである。いくら、便利なシステムといっても、そのデータが災害一発でパーであれば、欠陥システムである。セキュリティはすべて自治体任せというのであれば許されないであろう。早急な、バックアップ体制の確立が望ましい。

で、住基ネットであるが、これについて、バックアップ云々以前に、日弁連は、敵視しておられるようである。

日弁連の一委員会である情報問題対策委員会のページ

日本弁護士連合会(日弁連)は、住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)の稼働を停止するとともに、自己情報コントロール権を確立するよう求めています。

この制度は、個人情報保護の面、セキュリティ対策の面のみならず、いわゆる「国民総背番号制」に道を開くものでもあるという点からも、きわめて問題が多いものと考えています。

セキュリティとは、機密性だけではなく、可用性や完全性も含めた概念であるが、彼らがそのことを理解しているのか、とても疑わしい。

今日、なんでも国民総背番号制反対で、甘美な響きを感じるのは、あれなお方だけである。もうすこしまともな議論をして欲しいところである。

日弁連の一会員として、ちょっと勘弁して欲しいところである。

|

« 妻への殺人未遂容疑で告訴状=弁護士刺殺事件―秋田 | トップページ | ホリエモンのその後 »

法律コラム」カテゴリの記事

コメント

住基ネットと国民総背番号制については、近年まともに議論されている場面を見る事がありません。
恣意的な運用で不利益を被るのではないかという、漠然とした不安があります。
まとまった考えを、お聞かせ頂ければありがたいです。

投稿: ひろし | 2011/04/28 12:30

記事を読み間違えていませんか?

業者に残っていたバックアップデータは、市町村が管理している「住民基本台帳と戸籍のバックアップ」です。[住基ネット]のデータから復元できたのではありません。

初め、この記事を読んだとき「住基ネットに台帳や戸籍も入ってるのか」と勘違いしました。住基ネットからは、四情報(氏名 性別 年齢 住所)と住民票コードしか復元できないです。

記事には書いてありませんが、委託業者がバックアップデータを持つことは、初めから想定されていたのか気になりました。

投稿: ちがうちがう | 2011/06/07 15:52

>ちがうちがうさん

ご指摘ありがとうございます。
私の勘違いのようです。

法廷受託事務と自治事務との関係が絡んで、バックアップをいかにするかはもっとややこしくなりそうです。

投稿: toshimitsu Dan | 2011/06/07 17:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 住基ネットのセキュリティ:

« 妻への殺人未遂容疑で告訴状=弁護士刺殺事件―秋田 | トップページ | ホリエモンのその後 »