« 情報ネットワーク法学会2011終了 | トップページ | 総務省がグーグルに行政指導 »

2011/11/02

「市民の安全は守られるのか」 -津谷裕貴弁護士殺害事件から1年、検証を試みる-

現在、秋田である。

秋田というと、桃鉄的には、稲庭うどんと、きりたんぽといぶりがっこの秋田である。

しりとり怪獣リンゴリラも警戒である。

最近は、あれこれと喋ったり書いたりする締め切りが一杯で、いそがしいのであるが、どうしても津谷先生のシンポに出席したかったのである。

ビラ

シンポ以外にも、1回忌法要や、遺稿集を墓前に捧げる会というのも予定されていたりするが、時間の都合で参加できないことが多い。ただ、今日は、津谷先生のご冥福をお祈りすることで過ごしたい。

というわけで、仕事が遅くて迷惑を掛けている皆様には、ごめんなさい。

|

« 情報ネットワーク法学会2011終了 | トップページ | 総務省がグーグルに行政指導 »

法律コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「市民の安全は守られるのか」 -津谷裕貴弁護士殺害事件から1年、検証を試みる-:

« 情報ネットワーク法学会2011終了 | トップページ | 総務省がグーグルに行政指導 »