« 性犯罪前歴者の住所届け出…大阪府が条例提案へ | トップページ | 「陣痛に耐えきれず覚醒剤打った」 »

2011/12/14

清武氏提訴

ナベツネVS清武の法廷闘争は、清武の反撃による全面戦争になったようである。

記事

訴状などによると、清武氏側は「渡辺氏は適正手続きによって確定したコーチ人事を突如、自らの一存で公然と覆そうとしたのであり、重大なコンプライアンス 違反である」と主張。「(清武氏は)経営改革などに尽力しており、取締役の適格性に欠けるところは一切なく、解任が違法かつ不当であることは明白」として いる。

結論がどうであれ、最高級弁護士同士の壮大なる茶番劇である。

追記

弁護団のお名前が公表されていた。

 【清武氏の弁護団】

 吉峯啓晴

 吉峯康博

 室伏美佳

 高橋拓也

 大井倫太郎

 大河原啓充

 中村栄治

 朴鐘賢

 小暮典子

 田口真衣

 【読売新聞グループ本社と巨人の弁護団】

 喜田村洋一

 田中克郎

 升本喜郎

 高山崇彦

 荻野敦史

 宮下央

 稲垣勝之

 吉野史紘

 金子剛大

 谷口達哉

|

« 性犯罪前歴者の住所届け出…大阪府が条例提案へ | トップページ | 「陣痛に耐えきれず覚醒剤打った」 »

「法律コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46914/53481849

この記事へのトラックバック一覧です: 清武氏提訴:

« 性犯罪前歴者の住所届け出…大阪府が条例提案へ | トップページ | 「陣痛に耐えきれず覚醒剤打った」 »