« 報道関係者各位 | トップページ | 弁護士の情報漏えい事件 »

2011/12/22

伝説が終わり、歴史が始まる。

先ほど、最高裁から上告棄却の決定が送られてきた。

決定の内容は、既に裁判所のホームページにアップされているので、そちらを参照して欲しい。

これで、Winny事件は、今後、刑事補償請求等の手続はあるものの、いちおうの大団円を迎えることができた。何とか、技術者としての名誉を彼の手の中に残すことができた。1人の人間の小さな名誉。たったこれだけのことが実現するのに、多くの日々と多くの人の力が必要だったのである。

本件で、無罪を得ることが出来たのは、金子氏を支援する多くの方々のおかげである。
裁判所での証言、意見書の協力、寄付金の募集、その他、多くの励ましの言葉。この場を借りて、支援してくださった方々に、お礼申し上げる次第である。

私の弁護士としてのキャリアの多くは、「Winny弁護団事務局長」の肩書きとともにあった。今回、彼の無罪を探す冒険の旅は無事終着点に辿りつくことが出来た。無罪の為に闘ってきた日々、特に、自分の持てる全てを出し切ったと感じた、高裁の弁論でのあの瞬間の充実感は、旅で得た私の貴重な宝物である。ときどき取り出しては懐かしんでみたいと思う。

現在の私は、長い旅から無事帰還した満足感と、肩書きが「元」になる少しの寂しさとが入り交じった複雑な気分である。彼は、これからこの国で生まれてくる新しい技術の為に、そして、私は、この国で新しい何かを探す技術者を守るために、それぞれ新たな冒険の旅に出かけることになろう。新たな出発にワクワクもしている。

最後に、これから日本でチャレンジしていく技術者に向けて一言だけ。

「この日本で、世界中が驚くような突き抜けたものを作ってみろ、逮捕されるぐらい凄いものを発表してみろ。それで、捕まったときは壇を呼べ。」

あ、貯金も忘れずにね。

|

« 報道関係者各位 | トップページ | 弁護士の情報漏えい事件 »

winny」カテゴリの記事

コメント

壇せんせい。はじめまして。Winny裁判の弁護闘争お疲れさまでした。Winny開発者である金子さんの安堵した様子に今回の訴訟をのりきった安心感と誇りがかいまみえて印象的でした。ソフトウエア開発に伴うこの種の法的リスクは今後もしばしばおきることでしょうね。開発者とそれを利用するものとのあいだの法的因果関係の認識はまことに微妙なものがありますが今回の最高裁の判断でひとつの前例が示せたことは素晴らしいことです。今後もどうぞ縦横無尽に御活躍くださいませ! 敬具

投稿: 西川くん | 2011/12/22 12:06

壇先生

この度はおめでとうございます。
06年にIDGジャパンでビジネスブログのイベントを開催しました際にご講演いただきました。
お世話になりました。

その際にも検察側の主張のおかしな点を数多くうかがいましたので今回の判決は
納得のいくものです。

今後のご活躍をご祈念いたします。

投稿: Tomiyama | 2011/12/22 19:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伝説が終わり、歴史が始まる。:

« 報道関係者各位 | トップページ | 弁護士の情報漏えい事件 »