« イラン国籍理由に入学拒否、違憲 東工大が敗訴 | トップページ | とりあえず。 »

2011/12/20

弁護士過疎「ゼロワン地域」解消 北海道紋別市に事務所

記事

ゼロワン地域は10年前には全国60カ所以上あり、「不便な司法」の象徴だった。日弁連は2000年以降、開設・運営費を支援するなどして、のべ109カ 所の公設事務所を開設。弁護士を2~3年の任期で派遣する仕組みをつくった。国が設立した日本司法支援センター(法テラス)も事務所を開設してきた。

実際のところ、ゼロワン地域は、日弁連が怠けていただけのことである。現在のような過大な増員をしなくても、解消していたのである。

現在、いろんな地方にやる気の若手が頑張っていて、むしろ、地方でも人が余って来ている状況である。

弁護士は、自分で仕事をして生計を立てなければならない。しかし、経済が失われつつある過疎の町に、何人もの弁護士がやっていける程のマーケットはない。ゼロワン地域も3人弁護士が行けば弁護士過多である。

 裁判官や検察官がいない支部地域は現在も残っており、日弁連の宇都宮健児会長は「国民の裁判を受ける権利を保障するため、裁判官や検察官の増員など司法基盤の整備が強く求められる」との談話を発表した。

裁判所も検察庁も、予算がないということで、増員をする気配はない。しかし、裁判官や検察官がいない支部に、弁護士だけ増やしても意味がないのである。

大きな矛盾を感じる。

|

« イラン国籍理由に入学拒否、違憲 東工大が敗訴 | トップページ | とりあえず。 »

法律コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弁護士過疎「ゼロワン地域」解消 北海道紋別市に事務所:

« イラン国籍理由に入学拒否、違憲 東工大が敗訴 | トップページ | とりあえず。 »