« 面白い恋人事件第1回口頭弁論期日 | トップページ | 民放キー局:過去番組の共同配信サービス「もっとTV」 »

2012/01/29

警部補がアダルトサイト

記事

府警によると、サイトの画像の一部に無修正の内容が確認された。警部補は、自宅パソコンから昨年5月、わいせつな画像データを米国のサーバーに送信し、不特定多数が閲覧できる状態にしたとして、わいせつ物公然陳列の疑いで同7月14日に書類送検され、京都地検は起訴猶予とした。

府警の説明では、元警部補は・・・「サイトのア クセス数が増えるのがうれしかった」などと説明している、という。

お巡りさんが、プライベートでは俗なことはよく知られていることであるが、エロサイト開設とは、驚いた。

このお巡りさんは、起訴猶予となっているようであるが、さすがに軽きに失しているであろう。

ハイテク犯罪対策で日本をリードする京都府警が、ハイテク犯罪でも日本をリードとは、笑えない話である。

|

« 面白い恋人事件第1回口頭弁論期日 | トップページ | 民放キー局:過去番組の共同配信サービス「もっとTV」 »

法律コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 警部補がアダルトサイト:

« 面白い恋人事件第1回口頭弁論期日 | トップページ | 民放キー局:過去番組の共同配信サービス「もっとTV」 »