« 2012年2月14日 | トップページ | 2012年2月21日 »

2012年2月20日

2012/02/20

光市母子殺害事件最高裁判決

記事

光市事件は、本日言渡しのようである。

私は、少年の更生と償いと、また、犯罪被害者への慰謝と犠牲と、そういう観点からこの事件を見ている。

命をもって罪を償わなければならない場合とはいかなる場合なのか。

失った命のために、法は何を出来るのか。

この事件、死刑廃止論者が本人が言ってもいないことを勝手にでっち上げたという誤った報道や、それを鵜呑みにした多くの人々や、さらに歪曲させた元タレント弁護士や、憂国騎士団、いろいろなものが出てきた。しかし、そんなものは事件の枝葉末節である。

今日くらいは、空気を読んで慎んでもらいたい。

命の価値を考える日にしたいものである。

 

追記

最高裁は、元少年の上告を棄却したようである。

死刑が確定することになるが、私が、その結論の是非について意見する気はない。

ただ、この死刑が、犬猫に対する殺処分ではなく、元少年が、死をもって罪を償う機会であることぐらいは許されるべきではあると思う。

それですら、被害者の遺族には、許し難いことかもしれないが。。。

さっそく判決がアップされている。

この判決文は十分に読むべきである。多数意見はもちろんであるが、宮川裁判官の反対意見については、本件についてどのような立場を採ろうと、一読の価値があるはずである。裁判官の、慎重な言葉使いから、国家が人の命を奪うことの難しさがうかがわれる。

ちなみに、参考記事 本人も命で償うことを考えているようである。
このような内容が、この時期に公表されていることは謎であるが。

 

さらに追記

各社が、元少年の実名報道をしているのを見た。

もし報道するのであれば、相応の信念に基づくべきであろう。もう、死ぬんだから、配慮する必要はないとばかりに、被害者ではないマスコミが、部数や視聴率狙いのために名前を晒すのであればあまりに不粋である。

続きを読む "光市母子殺害事件最高裁判決"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月14日 | トップページ | 2012年2月21日 »