« 2012年7月10日 | トップページ | 2012年7月14日 »

2012年7月11日

2012/07/11

URL事件最高裁決定

控訴審から参加した、URL事件の最高裁決定が、7月9日にあった。

URL事件は、控訴審の際に紹介しているが、児童ポルノのURLの一部を改変した文字列をアップしていたら、児童ポルノの公然陳列罪の正犯として起訴された事件である。

今回決定は、裁判所のHPで公開されるであろうから、私からアップすることは控えておく。

今回は、岡部、田原、大谷裁判官(Winny事件で有罪の反対意見の人)が特に補足意見無しで賛成。
他方で、寺田、大橋裁判官(ロクラク事件で放送局の代理人だった)が、本件は、罪刑法定主義違反であり、破棄差し戻しすべきと言う反対意見であった。

その結果、3対2の多数決で、上告棄却となった。

上告趣意書では、基本的な技術やこの判決が他の法律分野に与える悪影響についてはかなり力説した。しかし、3名もの裁判官が、このようなことすら理解できなかったことは非常に残念である。

この判決が、波及して、リンク掲載が著作権法違反の正犯となることの無いように願っている。

そして、ネット社会に対する不当な波及効果を憂いて、支援して下さった皆様には、力及ばず大変申し訳ない。

お詫び申し上げる次第である。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2012年7月10日 | トップページ | 2012年7月14日 »