« ストリートビュー訴訟控訴審判決 | トップページ | 福岡弁護士会講演 »

2012/07/14

尋問事項メモ押収事件国賠訴訟

検察事務官をして上記被告人居室等に対し捜索差押えを行わせ、結果、審理中の事件に関する弁護人宛の手紙や弁護人が差し入れた尋問事項メモなどを押収したという事件で国家賠償訴訟が提起されたようである。

大阪弁護士会の会長声明

この件は、報道時に私なりの見解を述べているが、私なりか否かを論じるまでもなく、検察による弁護人の尋問メモのぞき見など、後出しジャンケン以下の卑怯ものである。

非常識な検察と裁判官の非を明らかにするためにも、断固国賠である。

|

« ストリートビュー訴訟控訴審判決 | トップページ | 福岡弁護士会講演 »

「法律コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46914/55194052

この記事へのトラックバック一覧です: 尋問事項メモ押収事件国賠訴訟:

« ストリートビュー訴訟控訴審判決 | トップページ | 福岡弁護士会講演 »