« 心を遣う | トップページ | 多摩の権利関係にうるさいしろにゃんこ »

2013/01/23

高校教育にネットリテラシーを

もともと体罰擁護派のはずが、いつのまにやらブラジリアン柔術顔負けにガードポジションからマウントに体を入れ替えた風のある、大阪の桜宮高校の件であるが、


大阪市立桜宮高校男子生徒が体罰を受け自殺した問題で、橋下市長は同校に訪問し体育科入試の中止について説明した。ところが、それに反発した生徒が怒りを あらわにし、Twitter上で暴言を吐いていることがネットで話題になっている。

らしい。

発言内容を掲載しないが、いろいろ影響があるであろう軽率な発言である。

さらに問題は、このお方、ネットで話題になった後も、件の発言を消しただけで、その後ものんきなツイートをしていたということである。

「インターネットは、世界中に開かれている。」というのは基本である。

馬鹿を世界中に教えてあげる必要はない。

体育科に限らず、ネットリテラシーを必須科目にすることが必要な気がする。

|

« 心を遣う | トップページ | 多摩の権利関係にうるさいしろにゃんこ »

「法律コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46914/56605296

この記事へのトラックバック一覧です: 高校教育にネットリテラシーを:

« 心を遣う | トップページ | 多摩の権利関係にうるさいしろにゃんこ »