« 2013年5月22日 | トップページ | 2013年6月16日 »

2013年5月29日

2013/05/29

弁護士有志、橋下氏の懲戒請求 「弁護士品格どん底に落とす」

本当に、橋下氏に対して懲戒請求をやったようで、記者会見までしたようである。

記事

 懲戒請求書は、橋下氏が慰安婦を「当時は必要だった」と発言し、在日米軍に風俗業活用を求めたことを「弁護士の社会正義の実現、基本的人権擁護義務に反する異常な発言だ」と批判している。

そうである。

記事

請求代表人は辻公雄先生のようである。辻先生のことは、当然存じ上げている。先人として尊敬している。こういう発言が今後の人間関係的に損であることは分かっている。

それでも私は言う。

懲戒請求は間違いだと。

市長の発言は、政治家として問題である。

彼の発言は弁護士としての発言では無い。

彼の発言が名誉毀損なのであればともかく、今回のことは、政治の場で責任を問われるべき問題である。

もし、リコールであれば、私は、遠慮無く投票しよう。しかし、これは、懲戒の問題では無い。

弁護士が、政治的発言を理由に懲戒を受けるのであれば、弁護士会による表現の自由の侵害になりかねない。

たとえ敵であっても人権を尊重するのが弁護士じゃ無いのか?

弁護士自治の根幹をそんな愚かなことに使わないで欲しい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年5月22日 | トップページ | 2013年6月16日 »