« 2014年1月31日 | トップページ | 2014年2月7日 »

2014年2月3日

2014/02/03

お待ち申し上げております。

先日、こんな詐欺メールが来た。

本通知を持ちまして、貴殿ご利用複数サイト利用料金及び遅延損害金【316万円】に関する債権回収・財産差し押さえ強制執行最終通知とさせて頂きます。

『一両日中』に未払金【316万円】を回収に伺わせて頂きます。
尚、現段階にて貴殿ご利用メールアドレス≪○○○@dan-law.jp≫より、端末情報を調査し「氏名・住所・ご職業・ご利用金融機関等」全て、当社債権者データベースに登録済みとなっております。

データベースを元に、直接ご自宅へ伺い回収を行わせて頂きます。当日ご不在の場合「ご親戚・職場等」へと連絡をさせて頂く事となりますので、予めご了承下さい。

━【ご利用詳細】━━

・整理番号「25170323」

・ご登録メールアドレス「○○○@dan-law.jp」

・ご利用サイト数:3番組

・利用料金:\1,900,000

・遅延損害金:\1,260,000
━━━━━━━━━━
※上記、ご利用料金及び遅延損害金を当日その場にて全て回収させて頂きます。

※現金での回収が困難な場合、ご自宅・ご実家の家財道具や家電、預金口座からの強制徴収、車、不動産、株式、貴金属、生命保険掛金、その他、換価可能な物すべてを差し押さえさせて頂き、未払金の補填とさせて頂きます。

※現時点にて、『財産差し押さえ強制執行』の法的許可は得ておりますので、如何なる理由があろうとも、減額交渉及び回収猶予を設ける事は出来かねます。

※尚、この通知を持ちまして最終通知とさせて頂きます。こちらへとご返答されても返答は致しかねますのでご了承下さい。

※現在、来年に施行される法改正に先がけ、試験的ではありますが、当社が「電子メールでの事項通達」を承っており、「○○○@dan-law.jp」の所持者への通達を行っております。
これは、郵送資源等の削減、及び「郵便物未確認によるトラブル」を防ぐ為であり、電子メールでの通達であれば、コストを抑えての確実な通達が可能となるため、実施しているものとなります。
つまり、「電子メールによる通達はあり得ない」という事象では御座いませんので、その旨はご理解下さい。

太陽プレミアム債権回収会社
担当:前田毅

送達と通達の差を解らない時点で、不勉強と言わざるを得ない。

というより、自宅はおろか、実家まで、債務名義も無しに差し押さえできる、差押禁止財産もへったくれも無い、来年から施行される法律ってなんだそりゃ?

これだけでなく、さらにマッチポンプメールが送られてきた。


サイト問題解決弁護団
▼新着メールタイトル▼
【※※「豊川、太陽プレミアム、KNM」 この3社からの通知について※※】

▼メール返信は下記より▼(送受信無料)


【豊川、太陽プレミアム、KNM】から通知が来ていると思います。

すぐに問題解決を行えば、【残さん差し押さえ】も回避できます。至急ご連絡下さい。

▼メール返信は下記より▼(送受信無料)

謎の弁護団である。是非、残さん差押えが何かお伺いしたいところである。

さらに笑かしは、ヘッダーである。

太陽プレミアム債権回収からのメール
Received:
    by mail.3-k4g63.mobi (Postfix, from userid 500)
    id B59F91A480FF;
    Sun,  2 Feb 2014 16:43:04 +0900 (JST)


サイト対策弁護団からのメール
Received:
    by mail.3-k4g63.mobi (Postfix, from userid 500)
    id DE2E81A4813E;
    Sun,  2 Feb 2014 17:03:48 +0900 (JST)

豊川ファイナンス、太陽プレミアム債権回収、KNM全部同じReceivedである。

というより、職業をデータベースに載せたというのであれば、私が、何をしている人かくらい調べておけ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月31日 | トップページ | 2014年2月7日 »