« 存在の耐えられない残念さ | トップページ | 20年前の放火殺人、再審支持 »

2015/10/10

かくかくしかじか

まんがは電子書籍に大人買いして、飛行機の中とかで読んでいることが多い。

で、2015年のマンガ大賞は、東村アキコのかくかくしかじかである。


読んだ。

作品は「描け」という1つのテーマに貫かれている。
辛いときも、悲しいときも、風邪引いてても、熱があっても、描くということから逃げないこと。

描くということにまっすぐな師(画家の日岡兼三氏と思われる)への思いと青春時代への懺悔が綴られていた。

私にとってのそれは「闘え」であろう。
弁護士とは、どんなに理不尽なことがあっても、心が折れたときでも、闘い続けなければならない生き物なのだから。

|

« 存在の耐えられない残念さ | トップページ | 20年前の放火殺人、再審支持 »

「まったり、雑文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46914/62446485

この記事へのトラックバック一覧です: かくかくしかじか:

« 存在の耐えられない残念さ | トップページ | 20年前の放火殺人、再審支持 »