« 弁護士所得白書平成25年度版 | トップページ | ○○なら弁護士法人アディーレ法律事務所 »

2016/02/09

ambulance chaser

町村先生のブログより

これまで、刑事弁護の料金と広告活動で失笑を欲しいままにしているアトム法律事務所が以下のようなツイートを出したそうである。

清原和博選手の覚せい剤(覚醒剤)取締法違反の逮捕に関するテレビ取材については、朝10時よりアトム法律事務所新宿支部、同大阪支部で対応可能です。 取材希望のマスコミの方は下記までお電話ください。24時間体制で受付対応しています。

弁護人が、こういうことをすることは通常の弁護士の感覚ではあり得ない。
案の定赤の他人だったそうである。

記事

         

New! 清原和博氏の覚せい剤(覚醒剤)取締法違反の逮捕に関するテレビ取材、新聞取材、その他のマスコミ取材はこちらまで。※注意※弊所は清原和博氏の弁護人が所属する事務所ではありません。 詳しくは… http://blog.livedoor.jp/atomtokyo/archives/52018252.html 

 
 

日本にもアンビュランスチェイサーが来ると言っていたが、それは、遠い未来ではなく、既に始まったということである。

|

« 弁護士所得白書平成25年度版 | トップページ | ○○なら弁護士法人アディーレ法律事務所 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46914/63186454

この記事へのトラックバック一覧です: ambulance chaser:

« 弁護士所得白書平成25年度版 | トップページ | ○○なら弁護士法人アディーレ法律事務所 »